薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛は全スカでも受けられるの?

      2015/12/15

頭頂部の薄毛が進行し、頭皮の髪の毛が全体的に薄くなっているようなAGAの状態を全スカと呼び、男性が抱える悩みの種となります。

「髪の毛全体のコシがなくなった」「抜け毛が以前よりも増えた」という症状を引き起こすのがAGA(男性型脱毛症)で、年齢を重ねるにつれて薄毛が進んでいくのが特徴の一つです。

一度発症すれば日に日に脱毛は進んでいきますし、薄毛への対策を何も行っていないという男性ほど全スカで悩まされるのではないでしょうか。

もちろん、頭頂部のボリュームが低下してカッパのような状態になるだけではなく、「前髪が薄くなる」「生え際が後退する」「おでこが広くなる」という症状も引き起こされます。

この全スカを回復して理想のヘアスタイルを手に入れるために、自毛植毛をクリニックで受けてみるのは選択肢の一つかもしれません。

移植する本数によっては100万円以上という高額な費用がかかるため、「薄毛を治療したいならば絶対に自毛植毛を受けるべき」とは言い切れないものの、他の方法よりも確実な効果が得られます。

自毛植毛ではAGAの影響を受けにくい元気な後頭部や側頭部の毛髪を全スカ部分にバランスを考慮して植えつけていくため、年齢を重ねても半永久的に生え続けてくれるのです。

育毛剤は使っている間しか効果は得られませんし、プロペシアやミノキシジルとの大きな違いがお分かり頂けるでしょう。

育毛剤の使用だけで全スカを回復させるのは少々難しいので、クリニックでの自毛植毛を薄毛治療の選択肢の一つとして考えてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、全スカの男性でも後頭部や側頭部の髪の毛が残っていれば、クリニックで自毛植毛を受けることができます。

数千本の毛髪を薄くなっている部分に移植するだけでも、十分な密度を得られるので自毛植毛は注目を集めているのです。

実際に、クリニックの公式サイトを見て自毛植毛を受けた患者さんのビフォーアフターの写真を見れば、見た目の印象を大きく変えられることがお分かり頂けるかもしれません。

しかも、手術を受けてから一気に髪の毛が増える人工毛植毛とは異なり、自毛植毛では一度抜け落ちてから時間をかけてゆっくりと生え揃うという特徴があります。

つまり、時間的な違和感を周囲の人間に与えることはなく、自然な感じで増毛効果を得られるのです。

頭皮が全体的に透けているような状態は間違いなく老けて見られるので、薄毛へとコンプレックスを感じている男性は自毛植毛を受けてみましょう。

 - 自毛植毛の特徴