薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛の将来

      2015/12/15

AGA(男性型脱毛症)は一度発症すると完治することはなく、年齢を重ねることで抜け毛や薄毛の症状が進行していくという特徴があります。

今はまだ見た目に大きな変化がなくても、将来的にはM字型ハゲやO字型ハゲで悩まされる可能性が高いので、早めに薄毛治療を始めるのは選択肢の一つです。

数多くの薄毛治療の中でも高い効果が得られるのがこのページでご説明している自毛植毛で、AGAの影響を受けにくい部位の髪の毛を脱毛した部分に植え付けていきます。

後頭部や側頭部といった髪の毛はDHTによってヘアサイクルを乱される心配はないため、将来的に生え続けてくれるのです。

男性ホルモンの働きを抑える内服薬のプロペシアや、発毛効果を得るミノキシジルといった育毛剤は、使っている間しか効果を得られません。

その点、自毛植毛は一度クリニックで手術を受けるだけで良いですし、前頭部から頭頂部にかけて広範囲に渡って薄毛の症状が進行した男性にも効果があります。

「1年後も5年後も将来的にプロペシアやミノキシジルを使い続けなければならないのは辛い」と感じている男性は、思い切って自毛植毛を受けてみても良いのではないでしょうか。

当サイトでは、日本で自毛植毛を受けた患者さんの10人に7人が利用しているアイランドタワークリニックをご紹介しているので、無料カウンセリングで詳しい説明を受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、上記では自毛植毛によって得られる薄毛改善効果が高いという点について説明しました。

しかし、30代や40代の男性である程度薄毛の症状が進行した後ならばまだしも、10代や20代といった早い年齢で受けるのはおすすめできません。

それは、将来どのような段階まで薄毛が進行するのか予想するのが不可能ですし、何よりも手術を受ける以外の選択肢も豊富に用意されているからです。

投薬によるAGA治療を数年間に渡って行い、特に頭皮に変化が引き起こされなかったのならば自毛植毛は効果的な手段となります。

一方で、まだ何もAGA治療を試していない若者ならば焦って自毛植毛を受けるのではなく、将来を見据えた予防ケアを中心に行うべきです。

アメリカのNorwood博士によると、AGA(男性型脱毛症)の最終段階で後頭部と側頭部にしかヘアが残っていない状態のクラスⅦに陥るのは、50代の約3%程度だと判明しました。

つまり、AGAを発症してからといって直ぐにツルツルのハゲになるわけではありませんし、別の視点からのAGA治療を行うのも大事だと頭に入れておいてください。

 - 自毛植毛の特徴