薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛後に薄毛は進行しやすくなるの?

   

「自毛植毛後に薄毛は進行しやすくなるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

しかし、自毛植毛ではAGAの影響を受けにくい後頭部や側頭部といった部位の毛髪を使用するため、半永久的に生え続けてくれるのが大きな特徴です。

そのため、薄毛が進行しやすくなることはありませんし、一度クリニックで手術を受けるだけで薄毛を克服できる画期的な治療となっております。

年齢を重ねてAGAを発症した男性でも、後頭部や側頭部だけはフサフサというケースは決して珍しくありません。

これは男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が深く関係しており、抜け毛を促すこの物質が存在しないからこそ後頭部や側頭部の毛髪は一生涯に渡って生え続けるのです。

つまり、自毛植毛はAGAのメカニズムに焦点を当てているため、得られる効果が非常に高いと日本だけではなく海外でも注目を集めております。

AGAを放置していれば確実に抜け毛や薄毛の症状は進行していきますし、内服薬や外用薬では基本的に予防効果しか得られないのです。

20代や30代の若者ならばまだしも、ある程度症状が進行した中高年の男性は投薬治療ではなく、思い切って自毛植毛を受けてみるのが良いのではないでしょうか。

当サイトでは数多くのクリニックの中でも評判の高いアイランドタワークリニックをご紹介しております。

「自分の今の薄毛の進行具合ではどの程度の費用がかかるのか?」といったことを知るためにも、一度アイランドタワークリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、自毛植毛は一度手術を受ければ根本的に薄毛を克服できる画期的な治療だと上記では説明致しました。

しかし、AGA(男性型脱毛症)は進行性の病気ということで、自毛植毛で手術を受けた部位以外は抜け毛や薄毛の症状が進む可能性があります。

クリニックで手術を受けてもAGA自体を完治させられるわけではないため、「数年前に生え際の後退を自毛植毛で改善したけど、今度は頭頂部が薄くなってきた」「頭頂部の薄毛は自毛植毛で克服できたけど、今度は前頭部の薄毛が気になる」という悩みを抱える男性は少なくありません。

AGAを完治させるような特効薬はないため、自毛植毛で移植した部分以外の薄毛の進行を食い止めたいのならば、AGA治療薬のプロペシアやミノキシジルの使用がおすすめです。

自毛植毛は二度も三度も受けられるような治療ではないため、内服薬や外用薬を駆使して薄毛の進行を食い止められるように努力してみてください。

 - 自毛植毛の特徴