薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛の成功率

      2015/12/15

自分の髪の毛を植え付ける自毛植毛の成功率は、ほぼ100%と言っても過言ではありません。

人工毛を植え付けるわけではないので拒絶反応は引き起こされませんし、今までに術後に重篤な症状が引き起こされたという報告はないのです。

もちろん、移植した全ての髪の毛が頭皮に生着するわけではなく、5%程度は抜け落ちてしまいます。

それでも、残りの95%はきちんと生着してくれるため、術後に一度抜け落ちて3ヶ月程度で産毛が生え、10ヵ月後には全てが生え揃ってくれるのです。

自毛植毛で使用する後頭部や側頭部といった部位の髪の毛はAGAの元凶となるDHTの影響を受けず、何年間が経過しても抜けたり生えたりというヘアサイクルを繰り返してくれます。

成功率が高いだけではなく、得られる効果が高いからこそ、自毛植毛は数多くの薄毛治療の中でも注目を集めているのではないでしょうか。

以前まで頻繁に行われていた人工毛植毛も成功率は高いですし、術後直ぐにフサフサの状態を手に入れられるという大きなメリットがあります。

しかし、頭皮にとって異物となる人工毛は自然と抜け落ちて数年後には元の状態に戻ってしまいますし、炎症や化膿、アレルギー反応や感染症といったリスクが報告されているので危険なのです。

薄毛の根本的な改善には繋がらないので、成功率や効果、安全性が高い自毛植毛を当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックで受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、上記でもご説明したように、自毛植毛の成功率が高いのは紛れもない事実です。

危険を伴うような手術が日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインで高い評価を得るわけがありません。

ただし、安全性の高いと言われている自毛植毛でも、少なからず副作用や後遺症のリスクがあります。

・頭皮の赤みや炎症
・まぶたの腫れ
・麻酔が切れた後の痛み
・移植した周囲の髪の毛が抜け落ちるショックロス
・頭皮が凹むピットスカー現象
・後頭部の突っ張り感

どの症状に関しても長期間に渡って続くわけではなく、一時的な症状なので時間の経過によって自然と解消されていきます。

患部の腫れや痛みは数日間程度でおさまりますし、ショックロスによって失った髪の毛も一定期間が経過すれば新しく生えてきてくれるのです。

もし、自毛植毛を受けた後の不快な症状がいつまで経っても改善されないのならば、手術を受けたクリニックの医師へと相談してみてください。

 - 自毛植毛の特徴