薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛と境目

      2015/12/15

自毛植毛を受けて薄毛を治療するに当たり、「移植部分と既存の髪の毛との境目が不自然になるのではないか?」という疑問を抱えている男性はいらっしゃいます。

確かに、後頭部に生えている毛髪と生え際に生えている毛髪は微妙に質が異なるため、境目がどのような感じになるのか不安かもしれません。

これは担当医の腕の見せ所で、技術力の高い医師による自毛植毛を受ければ、既存の髪の毛の角度や向き、長さや密度などを考慮して植えつけてくれます。

単純にAGAによって薄くなった部位の髪の毛を増やしてボリュームアップを目指すのではなく、違和感のない髪型になるように施してくれるため、満足のいく仕上がりが得られるはずです。

自毛植毛ではなく、人工毛植毛の場合は自分の髪の毛ではなく合成繊維で作られた人工毛を移植するため、境目が不自然になる可能性は十分にあります。

見た目のイメージが悪くなるだけではなく、「拒絶反応のリスクが高い」「数年後には全て抜け落ちる」という最悪のデメリットがあるため、現在ではあまり行われなくなりました。

その点、自毛植毛は太さも質もほとんど変わらない自分の毛髪を使う薄毛治療なので、AGAで悩む男性から注目を集めているのです。

当サイトでは自毛植毛の症例数が多く、患者さんからの評判の高いアイランドタワークリニックをご紹介しているので、まずは無料カウンセリングをインターネットで予約してみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、額の広さは年齢重ねることによって徐々に広くなるため、境目ギリギリに植毛すると年齢に相応しくない髪型になってしまいます。

自毛植毛では境目よりも上部に移植できるため、加齢によるヘアラインの変化を加味して上目にするのがベストです。

もちろん、技術力の高い医師ならばこの点を把握しているはずなので、術前のデザインの打ち合わせで詳しく説明してくれるでしょう。

自毛植毛は一生のうちに何回でも受けられる治療というわけではなく、自分の後頭部や側頭部の毛髪を使うため、回数や本数には限りがあります。

それに、「失敗しました」と言って済ませられるような費用の治療ではないので、信頼できる医師やクリニックを探して念入りにプランニングし、手術を受けてください。

 - 自毛植毛の特徴