薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛と毛根

      2015/12/15

自毛植毛では髪の毛だけを移植するのではなく、毛根を含めた毛包単位で植え付けていくという特徴があります。

確かに、「植毛手術」と聞くと、毛髪だけを後頭部から頭皮の別の場所へと移動させるイメージがあるかもしれません。

しかし、実は毛根を「後頭部⇒頭頂部」「後頭部⇒生え際」と移植し、今まで薄毛が引き起こされていた部位に毛根を再生させる画期的な薄毛治療なのです。

AGAの治療薬としてはプロペシアやミノキシジルといった育毛剤が有名で、実際に使用している男性は世界中にいらっしゃいます。

どちらも日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでもAランクの評価を得ている効果的な育毛剤ですが、残念ながら絶対的な効果は期待できないのです。

幾つもの臨床試験で高い結果を残していても、どちらかと言うとAGAの予防効果の方が高く、薄毛の症状が進行した男性が使っても劇的な変化は得られないと心得ておいた方が良いでしょう。

その点、自毛植毛手術を一度クリニックで受ければ、移植した毛根から毎日髪の毛が伸び続けますし、後頭部や側頭部に生えていた毛髪は男性ホルモンの影響を受けにくいため、半永久的な効果が得られます。

移植した毛髪の生着率は95%を超えており、他のAGA治療とは大きく異なることがお分かり頂けるはずです。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックでは、毛根を含めた毛包を移植する画期的な自毛植毛が実施されているので、興味がある方は無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、私たちの毛根からは1本の髪の毛しか生えていないわけではなく、1本~4本で構成されております。

自毛植毛で使われる毛包単位のことをグラフトと呼び、1000グラフトの移植ならば実際に植え付ける髪の毛は2,000本~2,500本程度なのです。

クリニックによって多少は違いが生じているものの、一般的に以下のように3種類のグラフトに分けられます。

・1本の毛髪が生えているマイクログラフト
・2本の毛髪が生えているフォリキュラーグラフト
・3本の毛髪が生えているダブルフォリキュラーグラフト

これらの3種類のグラフトを上手く頭皮へと移植することにより、自毛植毛で自然な形でボリュームアップを図れるのです。

人工的に作られた人工毛を使用する人工毛植毛とは大きく異なり、自分の毛根や髪の毛だからこそ違和感のない髪型を術後に手に入れることができます。

「AGA治療の最終手段」と言われている効果的な手術なので、薄毛を根本的に治療したいという男性は信頼できるクリニックを探して受けてみてください。

 - 自毛植毛の特徴