薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛で植えつけた毛髪は一生生えてくるの?

      2015/12/15

10年後でも20年後でも植え付けた毛髪は一生涯に渡って生え続けてくれるため、自毛植毛は他の方法とは違って画期的な薄毛治療だと考えられております。

それは、自毛植毛ではAGAの影響を受けにくい後頭部や側頭部の毛髪をドナーとして採取し、薄毛が引き起こされやすい頭頂部や生え際といった部位へと移植するからです。

もちろん、どの場所に生えていても私たちの髪の毛にはヘアサイクルがあり、成長期を終わって退行期や休止期に突入すれば、シャンプーやドライヤーといったタイミングで自然と抜け落ちていきます。

しかし、毛母細胞の細胞分裂は一生涯に渡って行われるため、時間が経過すれば新しい髪の毛が生えてきますし、自毛植毛で植え付けた毛髪の寿命は半永久的だと考えられているのです。

自然の毛と同じサイクルで活動しますし、薄毛の不安を根本的に解決できるからこそ、現在では自毛植毛は注目を集めているのかもしれません。

「高額な費用を支払わなければならない」というリスクを背負うだけの価値は十分にありますし、薄毛にコンプレックスを抱いている男性におすすめです。

当サイトでは、国内トップクラスを誇る医療設備や医療スタッフ体制を整えているアイランドタワークリニックをご紹介しております。

経験豊富なドクターがあなたの薄毛の悩みに応えてくれるので、まずはアイランドタワークリニックの医師に相談してみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、プロペシアやミノキシジルといった育毛剤による薄毛治療では、使っている間しか効果を得られないという特徴があります。

一時的に発毛効果が得られてもAGA自体を治療することはできないため、一生髪の毛が生えてくるわけではないのです。

しかも、投薬治療を行っている間は以下のようなリスクを背負わなければなりません。

・医薬品の投与によって副作用が引き起こされやすい
・育毛剤を使う間は一定の費用を支払い続けなければならない
・個人の薄毛の症状や体質によっては効果が出ないケースもある

プロペシアやミノキシジルの効果は、様々な臨床試験によって証明されております。

それでも、確実な効果が得られるわけではなく、数年間に渡って育毛剤を使用しても変化が得られなかった男性はいらっしゃいました。

その点、自毛植毛は一度手術を受ければ自然なヘアサイクルで生え変わってくれるので、定期的なメンテナンスの必要はありません。

定着率95%以上という一生モノの再生が期待できますし、クリニック選びを間違えなければほぼ確実な効果を得られるのです。

「何をやっても薄毛は改善できない」と諦めるのではなく、自毛植毛という画期的な方法もあると頭に入れておいてください。

 - 自毛植毛の特徴