薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛の本数(1,000本・2,000本・3,000本)

      2015/12/15

自毛植毛で移植する本数は個人の薄毛の症状によって大きく異なります。

1,000本の移植で満足のいく仕上がりを得られる人がいれば、3,000本を植えつけても見た目が改善されないケースも十分にあり得るのです。

自毛植毛では以下のような方法で移植する毛髪の本数を計算します。

①薄毛が生じている部分を三角形や四角形、楕円形に置き換える
②生え際は35~40、頭頂部は30~35を面積にかける
③移植に必要な本数(グラフト数)を計算する
④患者さんと一緒にプランニングする
⑤医師との綿密な打ち合わせで納得できれば手術の日程を決める

自毛植毛では1本2本と毛髪の本数で数えるのではなく、1本~4本の髪の毛がセットになった束を1グラフト(1株)と設定し、毛包ごとに移植していきます。

クリニックによって表記の仕方には違いが生じておりますが、一般的に1000グラフトの移植ならば1,000本ではなく2,000本~2,500本程度となるのです。

どちらにしても、素人ではどの程度の本数を移植すれば薄毛を改善できるのか見当が付かないはずなので、クリニックを受診して医師に相談するのが手っ取り早いのではないでしょうか。

前頭部にしても頭頂部にしても、「1,000本で済むのか?」「3,000本以上が必要なのか?」といった点を確認し、自毛植毛を受けるかどうか判断します。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックは無料カウンセリングだけではなく、無料の画像診断サービスも行われているので気軽に利用してみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、人工毛植毛は別の場所からドナーを用意する形となるため、本数に限りはありません。

お金を支払えば何本でも移植できますし、ツルツルの状態からでも薄毛を改善できるのが大きな魅力となっております。

その点、自毛植毛は自分の後頭部や側頭部といった部位に生えている毛髪をドナーとして採取するため、移植できる本数は10,000本~12,000本と制限があるのです。

つまり、株数で表記すると5000グラフト~6000グラフト程度で、あくまでも自分の頭皮の中で髪の毛を再分配する手術だからこそ本数は限られていると説明できます。

このように聞くと、「自分は薄毛の症状が進行しているから人工毛植毛の方が良いのではないか?」と考える男性は多いのではないでしょうか。

しかし、人工毛植毛を受けても頭皮には定着せず、数年後には自然と抜け落ちてしまいますし、拒絶反応のリスクもあるので絶対に受けないでください。

 - 自毛植毛の特徴