薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛の原理

      2015/12/15

自毛植毛は簡単に説明すると、「自分の後頭部や側頭部の毛髪を採取する」⇒「植え付けるための株分けを行う」⇒「頭頂部や生え際へと移植する」という流れとなります。

後頭部や側頭部の髪の毛はAGAによる抜け毛や薄毛を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けないため、移植した後も生え続けてくれるという原理です。

「髪の毛の場所を移動させたら上手く生えないのではないか?」という疑問を抱えている方はいらっしゃるかもしれません。

しかし、採取された頭皮の元の性質を引き継ぐというドナードミントの法則により、一生涯に渡って正常なヘアサイクルで生え続けてくれるという原理です。

AGAの盲点を突く理に適った手術だからこそ、自毛植毛は数多くの薄毛治療の中でも注目を集めております。

自分の毛髪を使っているので人工毛植毛のように拒絶反応が引き起こされることはなく、効果と安全性の両方を持ち合わせているのは間違いないでしょう。

髪の毛を毛根ごと生きたまま「後頭部⇒前頭部」「側頭部⇒頭頂部」と移植するため、頭皮への生着率は95%を超えております。

高額な費用を支払わなければならないというリスクを負う代わりに、安全に確実な方法で薄毛を治療できるのが自毛植毛の魅力なのです。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックでは、頭皮への負荷が少ないダイレクト法による自毛植毛が実施されているので、無料カウンセリングで詳しい説明を受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、上記では自毛植毛を受けてどのような原理で薄毛を治療できるのかお分かり頂けたはずです。

・FUT法はメスで頭皮を切り取って移植する
・FUE法はパンチグラフトで毛包を吸引採取する
・ニードル法は専用の植毛針で穴あけと植え込みを同時に行う
・パンチグラフト法は特殊な円筒型のメスで毛根をくり抜く
・ミニグラフト法は直径1mm単位のグラフトに分けて移植する

自毛植毛には複数の方法がありますが、髪の毛が生える原理に関しては基本的に一緒です。

一度手術を受ければメンテナンスの必要はありませんし、プロペシアやミノキシジルのような投薬治療とは大きく異なります。

もちろん、今の自分に適したAGA治療が自毛植毛とは限らないので、複数の選択肢があるクリニックへと足を運び、医師のアドバイスを受けながら薄毛への対処をしてみてください。

 - 自毛植毛の特徴