薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛の限界

      2015/12/15

自毛植毛は人工毛植毛とは大きく異なり、移植できる本数や手術を受けられる回数には限界やリミットがあります。

それは人工毛植毛のように別の場所から人工毛を用意するのではなく、自分の後頭部や側頭部に生えている髪の毛を使用するからです。

個人の毛髪の量には差が生じているので一概には説明できないものの、日本人の場合は頭皮全体の髪の毛の本数は約10万本で、自毛植毛で移植できる限界は10,000本~12,000本程度だと考えられております。

「一度手術を受ければメンテナンスの必要がない」「自分の髪の毛なので拒絶反応がない」というメリットばかりが注目されておりますが、移植本数には限界があるという点がデメリットかもしれません。

もちろん、やろうと思えば頭頂部や前頭部の薄毛を隠すために、後頭部の髪の毛を毛根ごと全て移植することはできます。

しかし、今度は後頭部の髪の毛がなくなり、違和感の残るヘアスタイルになってしまうため、大よそ10,000本~12,000本と決められているのです。

自毛植毛はその限られたドナーを再分配して薄毛を治療する方法なので、「ドナーを無駄にせずに濃くボリュームを多く見せる」という点が重要だと言えるでしょう。

毛根の切断率が高かったり、頭皮への生着率が悪かったりすれば限られた資源を無駄にする形となるため、技術力の高い医師が在籍しているクリニックで処置を受けなければならないのです。

そのクリニックに該当するのが当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックなので、無料カウンセリングで自毛植毛に関する詳しい説明を受けてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、自毛植毛で移植できる本数の限界が10,000本~12,000本ということで、「この程度の本数では見た目に変化はないのでは?」と考える人は多いかもしれません。

しかし、10,000本は想像以上に多く、2,000本や3,000本程度でも見た目的にボリュームと濃さをアップさせるのは十分に可能なのです。

もちろん、「どの部位の薄毛で悩んでいるのか?」「薄毛の症状がどのくらい進行しているのか?」といった点で異なるため、費用の見積もりを行ってもらうためにもクリニックへと足を運んでみるのが良いでしょう。

また、上記でご紹介したアイランドタワークリニックでは、無料の画像診断サービスが行われております。

自分の頭部の画像をアップロードしてクリニックへとメールで送信することにより、大まかな費用の目安が把握できるのです。

「いきなり無料カウンセリングを受けるのはハードルが高い」と感じている方は、メール相談を活用してみてください。

 - 自毛植毛の特徴