薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛とドナーの採取

      2015/12/15

FUT法にしてもFUE法にしても、自毛植毛では自分の髪の毛を移植するため、後頭部や側頭部の毛根からドナーを採取します。

採取したドナーを株分けし、頭頂部や生え際など薄毛が引き起こされやすい部位へと植え付けていくのです。

自毛植毛と後頭部・側頭部というページでも説明致しましたが、この部分は脱毛を引き起こすAGAの元凶のDHT(ジヒドロテストステロン)による影響を受けません。

つまり、年齢を重ねても一生涯に渡って生え続けてくれる可能性が高いので、自毛植毛のドナーとして利用されているのです。

ただし、メスを使用するFUT法による自毛植毛の場合、ドナーを採取する際に頭皮を切り取るので傷跡が残ることがあります。

現在では傷跡を薄くするためのトリコフィティック縫合法といった特殊な処置を施してくれるクリニックは増えましたが、それでも髪の毛の長さと角度によっては見える場合があるので注意が必要です。

一方で、FUE法による自毛植毛ならば毛包に合わせて作成された刃を持ったチューブパンチで吸引採取していくため、術後に傷跡が残りにくいという特徴があります。

外科的な手術を受けるという点では変わりないので後遺症のリスクが一切ないというわけではありませんが、ドナーの採取時の傷跡は数週間後には目立たなくなるのです。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックでは、この安全性の高い切らない自毛植毛のi-direct法が実施されているので、無料カウンセリングで詳しい説明を受けてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、自毛植毛でドナーを採取する部分の傷跡は、担当医によって大きく異なるという特徴があります。

全てのドクターが同じ方法で行っている自毛植毛でも、患者さんの頭皮を見れば誰が処置を施したのか大よそ分かるのです。

それは経験の違いやクセが大きな理由で、手術の方法に限らず技術力の高い医師による自毛植毛を受ければ満足のいく仕上がりになるのは間違いありません。

もちろん、「ケロイド体質の有無」「患者さんのアフターケアのやり方」「患者さんの年齢」など様々な要素が絡みます。

それでも、髪の毛を増やすだけではなく、見た目のイメージを少しでも良くするためにも、医師やクリニック選びが最も大事なのです。

また、定着率を高めてドナーを無駄にしないためには、医師と看護師のチームワークも大事なので、なるべく実績のある医療機関で自毛植毛を受けるようにしてください。

 - 自毛植毛の特徴