薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛は坊主やスキンヘッドでも受けられるの?

      2015/12/15

自毛植毛はショートヘアでもロングヘアでも、髪型に関わらず手術を受けることができます。

自分の後頭部や側頭部から髪の毛を移植する薄毛治療で、頭皮に定着すれば半永久的な効果が得られるのが最大の魅力です。

自毛植毛では髪の毛そのものではなく、毛根ごと頭皮から採取して移植する形となるため、坊主やスキンヘッドの男性でも原理的には受けられます。

しかし、坊主やスキンヘッドの男性は髪の毛を伸ばしてから自毛植毛を受けた方が良いかもしれません。

・ドナーを採取した部分の傷跡を髪の毛で隠せない
・毛髪を植え付けた部位のかさぶたが目立つ
・ドナーを採取する際に髪の毛がどこにあるのか分からない

坊主やベリーショートといったヘアスタイルならばまだしも、スキンヘッドでは髪の毛の採取が難しくなります。

後頭部や側頭部の髪の毛を頭皮ごと切り取る際にドナー自体を無駄にする可能性が高く、最低でも2センチメートル程度は伸ばすべきです。

それに、術後はFUT法でもFUE法でも赤く腫れ上がって傷跡が目立ちやすく、一定の期間が経たなければ薄くならないので、既存のヘアで隠すためにもスキンヘッドが自毛植毛に適さないことはお分かり頂けるでしょう。

私たちの髪の毛は1ヶ月に1センチメートルのスピードで伸びるため、2ヶ月から3ヶ月程度経ってある程度の長さになった後にクリニックで手術を受けるべきです。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックでもこのような説明を受けるはずなので、既存の髪の毛が短い男性は注意してください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、薄毛で悩んでいる男性は無理に髪の毛を伸ばして隠すのではなく、思い切って坊主頭にしてみるのが良いかもしれません。

クリニックで自毛植毛を受ければ根本的な問題は解決しますが、「手術の費用が溜まるまでもう少し待ちたい」と考えている人は多いはずです。

最近では坊主頭と一口に言っても、「おしゃれボウズ」というカテゴリーがヘアカタログにはありますし、何よりも清潔感があります。

髪の毛を伸ばして薄い部分を覆い隠すようなヘアスタイルは違和感がありますし、それがバレた時には「情けない」「女々しい」「男らしくない」と思われるはずです。

その点、坊主ヘアならば潔いというイメージを与えられますし、何よりも髪の毛が濃い部分と薄い部分の差が縮まるので薄毛が目立ちにくくなります。

髪型を少し変えるだけでも相手に与える印象は大きく異なるので、どんなヘアスタイルが自分に合うのか考えてみてください。

 - 自毛植毛の特徴