薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛はばれるの?不自然にならないの?

      2015/12/15

「自毛植毛を受けたことが周囲の人間にばれるのではないか?」「自毛植毛後のヘアスタイルは不自然なのではないか?」という疑問を抱えている男性はいらっしゃいます。

確かに、頭頂部や生え際の髪の毛を増やしてボリュームアップできたとしても、不自然な髪型で違和感が生じれば全く意味がありません。

実際に、自毛植毛の手術を受けて、以下のようなトラブルで悩まされている患者さんはいらっしゃいました。

・生え際のヘアラインが不自然
・移植毛とこめかみの既存毛の境目がくっきりしている
・まばらで大きな株が植え付けられている

このような手術結果で悩んでいる方は、技術力の低い医師による施術を受けたことが原因です。

自毛植毛では単純に髪の毛を生やすだけではなく、既存毛の流れや生え方、密度に合わせて移植する必要があります。

特に、生え際のヘアラインは直線ではなく、真ん中に富士額と呼ばれるピークがあり、そのピークと無数の凸凹が合わさって形成されております。

この点を考慮して植えつけないと不自然な印象となり、術後に周囲の人間にばれる原因となるのです。

そのため、自毛植毛で薄毛を治療しようと考えている男性は、費用だけではなく技術力の高い医師が在籍しているかどうかでクリニックを選ぶようにしましょう。

そのクリニックに該当するのがアイランドタワークリニックで、今までの自毛植毛だけの症例数は何と20,000件を越えております。

どの医師も技術力が高く、他のスタッフとのチームワークも取れているので、一度アイランドタワークリニックへと相談してみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、技術力の高い医師による治療を受けるという大前提ならば、自分の髪の毛を使う自毛植毛は人工毛植毛とは異なり、基本的にばれることはないはずです。

・自分の後頭部や側頭部に生えている髪の毛を移植する
・手術を受けてから半年間から1年間をかけてゆっくりと生え揃う
・植え付けは手作業なので細かい移植と濃さの調節が可能
・広範囲に渡って違和感の生じにくい自然な植え付けが期待できる
・メスを使わないFUE法ならば術後の傷跡が目立ちにくい

自毛植毛には上記のような特徴があり、ばれる可能性は非常に低くなっております。

植え付け手術を行ってから一度髪の毛は抜け落ち、半年間から1年間をかけてゆっくりと成長していくのが大きなメリットで、時間的な違和感を感じることはありません。

手術を受けてから直ぐにフサフサの状態を手に入れられる人工毛植毛では時間的な違和感が発生しますし、何よりも自分の髪の毛ではないので圧倒的にばれる可能性が高いのです。

ただし、「術後にまぶたや額の腫れといった副作用が引き起こされた」「20年間程度が経過して他の部位の薄毛が進行した」という場合、周囲の人間にばれることがあります。

不自然なヘアスタイルにならないとしても、頭皮をまじまじと見つめられればドナーを採取した部分には多少の傷跡が残っているので心配されるはずです。

それがどうしても嫌ならば、1週間程度の長い休みを貰って自毛植毛を受け、術後に頭皮の状態が回復してから仕事をしたりプライベートで友人に会ったりしてください。

 - 自毛植毛の特徴