薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

女性の自毛植毛

      2015/12/15

クリニックで受けられる自毛植毛は何も男性だけの薄毛治療というわけではなく、女性でも手術を受けて薄毛を克服することはできます。

薄毛で悩む女性の数は近年増加し続けており、成人女性の10人に1人というデータが出ました。

加齢によるホルモンバランスの乱れだけではなく、過度のダイエットや精神的なストレスなど、生活習慣が原因で若い女性でも抜け毛や薄毛の症状に悩まされることが多いようです。

男性の薄毛よりも原因が複雑でアプローチ方法の判断が難しく、女性の場合はAGA治療薬で用いられているプロペシアは絶対に服用できません。

生活習慣の見直しだけでは劇的に症状を回復できないこともあるため、クリニックで自毛植毛を受けるのは選択肢の一つなのです。

現在行われている自毛植毛は、以下の2種類の方法に大きく分けることができます。

FUT法による自毛植毛:メスを使って頭皮を切り取る手術
FUE法による自毛植毛:パンチを使って毛根をくり抜く手術

広範囲の薄毛で悩まされている男性ならば、多本数の手術が受けられるFUT法を選択するのは良いでしょう。

しかし、女性の場合は男性のように生え際が後退したり頭頂部が脱毛したりと、著しく症状が悪化しないという特徴があります。

全体的に頭皮のボリュームが減るびまん性脱毛症や、毛穴に皮脂が溜まることで生じる脂漏性脱毛症を引き起こすケースが多く、広範囲での移植を必要としないのです。

そのため、メスを使わずに切らない自毛植毛が受けられるFUE法の方が女性には圧倒的に適しております。

術後の傷跡のリスクは低く、安心して受けられる自毛植毛なので、FUE法を更に改良したダイレクト法を取り入れているアイランドタワークリニックを訪れてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、上記では女性の薄毛は広範囲に渡って引き起こされることが少ないと説明致しました。

つまり、少ない本数の毛髪を分け目や頭頂部に移植するだけでも改善できるケースは多く、男性よりも手術費用は安くなります。

もちろん、自毛植毛は保険が適用されない薄毛治療なので、移植本数が少ないとしても50万円から100万円程度は覚悟しなければなりません。

美容整形と一緒で薄毛の治療も審美目的だと判断されているため健康保険が適用されず、かかる費用を全て自費で負担しなければならないのです。

金銭的なリスクは大きいので、薄毛で悩まされている女性でも「今直ぐに自毛植毛を受けなければ・・・」という考えはやめた方が良いでしょう。

植毛手術はあくまでも最終手段で、発毛を促す内服薬のパントガールや有効成分を頭皮へと届けるノーニードル発毛メソセラピーなど、現在では様々な方法で女性の薄毛を対処できます。

今の自分の症状に適した方法で薄毛治療を行うのがベストなので、まずはクリニックへと相談してみてください。

 - 自毛植毛の年齢・性別