薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛と産毛

      2015/12/15

クリニックで自毛植毛を受けて一度移植した髪の毛が抜け落ち、産毛しか生えてこないということで悩んでいる男性はいらっしゃいます。

確かに、せっかく太くて長い後頭部や側頭部の毛髪を頭頂部や生え際に移植したのにも関わらず、産毛しか生えてこなかったらショックを受けるかもしれません。

しかし、産毛が生えるということは毛根が死んでいないことを指しており、自毛植毛の手術に成功して頭皮に定着できたと考えられます。

私たちの髪の毛は1ヶ月間に約1センチメートルのスピードで生える特徴があり、産毛が出てきた後に太く長く成長していくのです。

自毛植毛を受けて2ヶ月から3ヶ月程度はまだ移植した部位から産毛しか生えていないかもしれませんが、時間の経過によって少しずつ黒々とした髪の毛が生えてきます。

一度手術を受けて頭皮へと定着すれば半永久的に生え続けてくれますし、この点に関しては自毛植毛の効果は永久なの?というページでも説明致しました。

高額な費用を支払わなければならないというデメリットがありますが、現代では医療の発達によってほぼ確実な効果を得られるようになったため、自毛植毛は数多くの薄毛治療の中でも注目を集めているのです。

もちろん、満足のいく効果を得るためには技術力の高い医師による手術を受けなければならないので、当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックをおすすめします。

患者さんの頭皮への負担が少ないダイレクト法と呼ばれる自毛植毛を取り入れている人気と評判の高い医療機関なので、薄毛の悩みを抱えている人はアイランドタワークリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、自毛植毛を行う部位によっては、あえて太くて長い髪の毛ではなく産毛を移植することがあるとアスク井上クリニックのドクターは答えておりました。

「産毛を植え付けて生えたとしても意味がない」「太くて長い髪の毛を自毛植毛で移植しなければ意味がない」と考える人は多いかもしれません。

しかし、頭頂部ならばまだしも前頭部の生え際付近は太くて長い毛髪だけではなく、産毛も混在して生えております。

産毛と太い髪の毛が混ざって生えているのにも関わらず、長い毛髪だけを移植すれば密度を上げられても不自然なヘアスタイルになるのです。

これでは患者さんの薄毛を治療したいという要望に応えられないため、産毛に近い襟足近くの軟毛を選んで移植するケースがあります。

アスク井上クリニックのドクターはこのように答えており、切らない自毛植毛のFUE法が実施されているだけではなく患者さんの薄毛の悩みを改善できるように努力しているので、植毛レジェンドと呼ばれているドクターによる手術を受けてみるべきです。
 

>>> アスク井上クリニックの詳細はこちら

 

 - 自毛植毛の効果