薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛を受けた数年後はどのような状態になるの?

   

自毛植毛で植え付けた髪の毛は一生涯に渡って生え続けるという特徴があるため、数年後も同じヘアスタイルを維持できます。

これは、抜け毛の原因となるDHTの影響を受けにくい後頭部や側頭部の毛髪を使っているのが大きな理由で、自毛植毛を一度受ければ数年後も同じように抜けたり生えたりというサイクルを繰り返してくれるのです。

プロペシアの服用を中止する⇒DHTが抑制されないので数年後には確実に薄毛が進んでいる
ミノキシジルの使用を中止する⇒発毛効果が得られないので数年後には症状が悪化している
育毛サプリをやめる⇒サプリメントでは治療効果を得られないので症状は進む

上記のように、内服薬や外用薬によるAGA治療は医薬品を使い続けなければならず、使用を中止すれば薄毛は進行していきます。

プロペシアにしてもミノキシジルにしても毎日使い続けることが条件なので、トータルコストは高くなりやすいのです。

その点、自毛植毛ではクリニックで一度手術を受けるだけで良いですし、メンテナンス費用などのランニングコストがかからないことで注目を集めております。

投薬治療では数年後に今の髪型を維持できるという保証はないので、根本的な改善を目指したいという男性は当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックで自毛植毛を受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、私たちの髪の毛は、「成長期」⇒「退行期」⇒「休止期」というサイクルを繰り返しております。

AGAを発症すると悪玉男性ホルモンの働きにより、成長期が著しく短くなって休止期が逆に長くなるため、抜け毛や薄毛の症状が進行していくというメカニズムです。

当然のように悪玉男性ホルモンは絶えず産生され続けるため、何も対策を行わなければ今よりも10年後、10年後よりも20年後は確実に髪の毛は薄くなります。

その薄毛のカモフラージュ方法として、カツラやウィッグの装着を考えている男性はいらっしゃるかもしれません。

確かに、今直ぐに薄毛をカバーできる方法ですが根本的な改善には至りませんし、オーダーメイドで作成すると想像以上に高い費用がかかるのです。

しかも、数年後に薄毛が進行してカツラを作り直さなければならないケースもあるため、1回の手術で劇的な変化が得られる自毛植毛を考慮してみてください。

 - 自毛植毛の効果