薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛で髪の毛は伸びるの?

      2015/12/15

「自毛植毛で植え付けた髪の毛は本当に伸びるのか?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

確かに、高額な費用というリスクを背負って手術を受けたのにも関わらず、伸びなかったり途中で抜け落ちたりすれば大きなショックを受けるはずです。

しかし、手術に成功して毛根に定着すれば、自然な髪の毛と同様に伸びるという特徴があり、寿命が来て抜け落ちても毛母細胞が死んでいるわけではないので新しい毛髪が生えてきます。

つまり、一度手術を受ければメンテナンスの必要なく、抜けたり生えたりというサイクルを繰り返してくれるからこそ自毛植毛は画期的な薄毛治療だと言われているのではないでしょうか。

円形脱毛症によって頭皮の一部分が抜け落ちたのならば、治療によって完治させれば一定期間を経て伸びてくれます。

その点、AGA(男性型脱毛症)を発症すると男性ホルモンの影響で髪の毛の成長期が短くなり、毛母細胞の細胞分裂の回数に寿命が来れば育毛剤を塗布しても生えてこないのです。

自然と解消しないところが怖い点ですが、自毛植毛で使う後頭部や側頭部の毛髪は男性ホルモンの影響を受けず、移植しても元の場所と同じように伸びるという性質を持っております。

伸びるスピードも元々の後頭部と同じなので個人差はありますが、きちんと生え続けてくれる点では同じなので、薄毛のコンプレックスを抱えている人はアイランドタワークリニックで自毛植毛を受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、以前まで日本で実施されることの多かった人工毛植毛は、自毛植毛とは違って髪の毛が伸びることはありません。

ナイロンやモダアクリル、ポリアミド単繊維といった素材で作られた人工毛を頭皮へと植え付けているだけなので当然です。

人工物なのでカットしてしまえば短いままですし、自毛植毛のようにショートヘアにしたりロン毛にしたりと好きなヘアスタイルにするのが難しいかもしれません。

人工的な頭髪で手術を受けたその日から薄毛を補助できるので、生え揃うまで時間のかかる自毛植毛よりも、人工毛植毛の方が良いのではないかと考えている方はいらっしゃいます。

しかし、人工毛植毛は頭皮にとって異物を植え付けるので拒絶反応による炎症や化膿が引き起こされやすく、感染症の危険性もある手術なのです。

上手く頭皮へと定着しても1年後から2年後には全て抜け落ちてしまいますし、植毛先進国のアメリカでは既に法律によって禁止されているため、絶対に受けない方が良いでしょう。

一方で自毛植毛は元々自分の頭皮から生えていた髪の毛を使用する薄毛治療ですし、安全性が高いからこそ注目を集めているのです。

 - 自毛植毛の効果