薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛で密度を上げよう

      2015/12/15

自分の後頭部の髪の毛を移植する自毛植毛により、密度の低くなった部分をボリュームアップできます。

これは自毛植毛によって得られる効果の一つで、前髪が薄くなったり頭頂部の薄毛が進行したりという症状を改善できるのです。

一昔前は、自毛植毛で植え付けられる本数には限りがあり、1回の手術で結果を残すのは難しいと言われておりました。

しかし、近年では多くのクリニックで大量に移植できるメガセッションが取り入れられ、頭皮の密度が著しく低下した薄毛の患者さんでも1回の手術で満足のいく仕上がりを得られるのです。

高額な費用を支払わなければならないというデメリットはあるものの、得られる効果の高い薄毛治療ということで自毛植毛は注目を集めております。

とは言え、クリニックによって毛髪の定着率や密度には大きな違いが出ており、値段の安さだけで選んでいると料金に見合う効果が得られないかもしれないので注意しなければなりません。

・植え付けの密度が低くてまばらな仕上がりになってしまった
・医師の技術力が低くて不自然なヘアスタイルになってしまった

上記のような失敗例は実際にありますし、薄毛の治療に繋がらないだけではなく自分の後頭部や側頭部の髪の毛を失う結果となります。

自毛植毛の技術にはバラつきがあるので、信頼と実績を得ているアイランドタワークリニックで自毛植毛を受けるべきです。

日本で自毛植毛を受けた10人に7人が利用しているほどシェア率の高いクリニックなので、「密度を上げて薄毛を改善したい」と考えている患者さんはアイランドタワークリニックを訪れてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、薄毛の治療効果を少しでも高めるために、自毛植毛を実施しているクリニックでは植え付け密度をアップできるように努力しております。

密度が低ければ低いほど既存の毛髪と移植毛に隙間が生じ、不自然な髪型に見えてしまうのでこれは当然です。

人気と評判の高いクリニックならば高密度で移植するデスパッキングが実施されているので、特に問題はないかもしれません。

ただし、あまりにも高密度で移植し過ぎると、以下のような弊害があります。

・頭皮の血流が悪化して栄養分が行き渡らなくなって移植毛が抜け落ちる
・頭皮に大きな負荷が加わって炎症を引き起こす
・ドナーを採取しすぎたことで頭皮全体の密度バランスが崩れる
・通常の発毛部分と比較して不自然な見た目になる

「自毛植毛は密度を上げれば上げるほど良い」というわけではないので、この点をしっかりと理解している医療機関で手術を受けるようにしてください。

 - 自毛植毛の効果