薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛のメリット

      2015/12/15

「他人には聞けないけど自毛植毛のメリットが知りたい」と考えている男性は多いかもしれません。

そこで、このページでは近年になって注目を集めている薄毛治療の自毛植毛のメリットをまとめているので、どのような手術なのか確認してみてください。

 

一度定着したら半永久的に毛髪が生え続ける

merit

自毛植毛の最大のメリットは、「一度頭皮に髪の毛が定着したら半永久的に生え続ける」という点です。

例えば、AGAを発症してDHTによる影響でヘアサイクルが乱れ、毛母細胞が死滅すればその場所から新しい髪の毛が生えることはありません。

そこで、自毛植毛では男性ホルモンのDHTの影響を受けにくい後頭部や側頭部の毛髪を皮膚ごと移植するため、薄毛を根本的に改善できる効果的な治療なのです。

AGAは年齢を重ねることで症状は悪化し、進行を食い止めるのは困難とされている中、自毛植毛ならば失った毛髪を取り戻すことができます。

もちろん、どの場所に生えている髪の毛には寿命があるので、ある程度成長した後に抜け落ちるものの、元々の場所の性質を受け継ぐという性質を持っているので新しく生えてくるのです。

プロペシアやミノキシジルによる投薬治療とは異なり、メンテナンスが必要無しというところが自毛植毛のメリットなのではないでしょうか。

ランニングコストがかからないという点は、薄毛で悩む男性にとって非常にありがたいことです。

 

自分の髪の毛を移植するので拒絶反応がない

自毛植毛では自分の髪の毛を移植するため、拒絶反応のリスクが一切ないというメリットがあります。

「植毛手術」と聞くと多くの方は人工毛を植え付けるというイメージを持っており、確かに以前まで積極的に実施されておりました。

今現在でも人工毛植毛を実施しているクリニックはあり、ナイロンやポリエステルといった素材で作られた人工毛を頭皮へと植え付けていきます。

術後直ぐにフサフサの状態を手に入れられるというメリットがありますが、頭皮にとっては異物と同じなので炎症や化膿といった拒絶反応が引き起こされやすいのです。

それに、抜け落ちたところから新しい毛髪が生えることはなく、術後のヘアスタイルを長期間に渡って維持したいのならば何度も再手術を受けなければなりません。

その点、自毛植毛は自分の髪の毛なので拒絶反応が出ることは無く、上記でも説明したように半永久的に生え続けてくれるのです。

効果だけではなく安全性も高いからこそ、自毛植毛は数多くの薄毛治療の中でも注目を集めているのではないでしょうか。

 

自然な仕上がりが得られる

人工毛植毛とは違って自毛植毛は自分の後頭部や側頭部に生えていた毛髪を使用する薄毛治療なので、自然な仕上がりが得られるというメリットがあります。

いくら髪の毛の量を増やしたり密度をアップできたりしても、「髪型に違和感がある」「明らかに植毛したのがバレる」という状態では意味がありません。

これでは根本的な改善には繋がりませんが、自毛植毛ならば今まで薄毛が引き起こされていた部分の毛量を増やしながら自然なヘアスタイルを手に入れられるのです。

担当医の技術力によって仕上がりは異なりますが、信頼できるクリニックを受診すれば念入りなプランニングで計画的に植毛デザインを決めてくれます。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 - 自毛植毛の効果