薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

一年後の自毛植毛の効果

      2015/12/15

1ヵ月後の自毛植毛の効果というページでは、自毛植毛で移植した毛髪は休止期に入り、1ヵ月後辺りから少しずつ抜け落ちると説明しました。

しかし、頭皮に毛根が定着していれば問題なく、一年後にはしっかりと生え揃って効果を実感できるはずです。

自毛植毛後の大まかな流れとしては以下のようになります。

①クリニックで自毛植毛を受ける
②1ヶ月辺りから移植毛が抜け落ちる
③2ヶ月から3ヶ月は髪の毛が生えない状態が続く
④3ヶ月から4ヶ月で新しい産毛が生える
⑤半年後には2センチくらいの長さになる
⑥一年後には8センチ程度の長さになるので生え揃う

2ヶ月目から3ヶ月目までは生えない状態が続くため、自毛植毛で薄毛治療を行った人は不安になるのかもしれません。

その気持ちは大いに分かるものの、手術に成功していれば毛髪のメカニズムで一時的に抜け落ちているに過ぎないので、一年後には今まで薄毛だった部分から新しい毛髪が生えてフサフサの状態になるのです。

一年後に確実な効果を得られると考えれば、他の薄毛治療と比較して自毛植毛の良さがお分かり頂けるのではないでしょうか。

代表的なAGA治療薬のミノキシジルを使っても、一年後にフサフサの状態まで回復するのは難しいはずです。

症状が進行して生え際の後退や頭頂部の脱毛が進行した男性に効果的な薄毛治療なので、当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックで自毛植毛を受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、自毛植毛の後に髪の毛が生えてくるスピードには個人差があるものの、少しずつナチュラルに産毛が生えてくるのを実感できます。

「赤子の頭に髪の毛が自然と生え始める感じ」と表現している方が多く、今まで脱毛していた部分から生えるので相当の感動を味わえるのは間違いありません。

産毛が生え始めるのは術後3ヶ月から4ヶ月程度ですが、一年後には太く長く成長してフサフサの状態まで戻っているはずです。

自毛植毛とは異なり、人工毛植毛ならば一年間という期間を待たなくても、手術を受けたその日に変化を実感できます。

「今直ぐに薄毛を何とかしたい」「時間をかけずに若い頃のヘアスタイルに戻したい」と考えている男性には最適です。

それでも、異物を植え付ける手術なので危険度が高いですし、期間が経過すれば自然と抜け落ちるという最悪のデメリットがあるので、絶対に人工毛植毛は受けないでください。

 - 自毛植毛の効果