薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛で生え揃うの?

      2015/12/15

自毛植毛は人工毛植毛とは異なり、生え揃うまでに一定の期間が必要となります。

自毛植毛の手術を受けた直後は当然のように毛根に定着しているものの、切り離されて移植した毛髪は休止期に至るようにプログラムされているので、ほとんどが抜け落ちてしまうのです。

もちろん、これは手術に失敗したわけではありませんし、時間が経過すれば生え揃うので安心してください。

そこで、以下では自毛植毛をクリニックで受け、髪の毛が生え揃うまでの流れをご説明しているので一度参照しておきましょう。

 

<手術当日>
・クリニックで自毛植毛を受ける
・後頭部や側頭部から薄毛の部分に移植する
・直後は髪の毛が増えたように感じる

<術後1ヶ月>
・頭頂部や生え際に植え付けた髪の毛のほとんどが抜け落ちる
・個人の体質によっては周辺の髪の毛が抜ける場合もある
・一時的な脱毛はこれから毛髪が生えてくる過程で必要

<術後2ヶ月~3ヶ月>
・2ヶ月から3ヶ月は毛根が一時的に休止期に突入する
・毛根が一休みした後に再び活動を始めて産毛が徐々に生える

<術後6ヶ月>
・時間が経過するにつれて発毛する髪の毛が太く長く成長する
・他の毛髪と同じように1ヶ月に1センチメートルずつ伸びる(多少の個人差あり)

<術後7ヶ月~1年>
・1年後には約8センチメートル程度伸びる計算となるので綺麗に生え揃う
・ボリュームも出てきて薄毛が分からなくなっている

 

このように、自毛植毛では直ぐに効果が得られるというわけではなく、生え揃うまでに早くて10ヶ月程度、遅くて1年間程度がかかります。

直ぐに変化を実感できないという点が自毛植毛の欠点かもしれません。しかし、直ぐに効果を得たいからといって、人工毛を頭皮へと植え付ける人工毛植毛をクリニックで受けるのは非常に危険です。

「炎症や化膿が引き起こされる」「感染症を患いやすい」「数年後には全て抜け落ちる」「何度もメンテナンスが必要」というデメリットやリスクが人工毛植毛にはあり、植毛先進国のアメリカでは法律で禁止されております。

日本ではまだこの薄毛治療を行っているクリニックはありますが、自毛植毛のように数年後も生え揃っているとは限らないので絶対に受けるべきではないのです。

以上のように、綺麗に生え揃うまでに約1年間の期間が必要ということで、今直ぐに薄毛を何とかしたい男性にとっては遅いと感じるのではないでしょうか。

それでも、急に髪の毛のボリュームが増えるよりも、時間をかけてゆっくりと成長するのは周囲の人間から見て全く違和感がないのです。

カツラやウィッグと比べてバレにくいのは間違いないので、日本で一番のシェア率を誇っているアイランドタワークリニックで自毛植毛を受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 - 自毛植毛の効果