薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛の効果は永久なの?

      2015/12/15

自毛植毛ではAGAによる薄毛になりにくい部位の後頭部や側頭部といった部分の髪の毛を使用する手術で、頭頂部や生え際など薄毛の症状が悪化しやすい部分に植え付けていきます。

頭皮に定着した髪の毛は元々の性質を引き継ぐドナードミナントの法則による、半永久的に生え続けてくれるのです。

もちろん、どの部位に生えている髪の毛でも寿命はあり、2年間から6年間の成長期を経た後に退行期へと移行し、休止期に至って抜け落ちていきます。

しかし、毛根が死滅したわけでも毛母細胞の細胞分裂が行われなくなったわけでもないので、新しい毛髪が毛根で作られて太く長く成長してくれるのです。

つまり、脱毛して薄毛が引き起こされた部分を根本的に治す効果があり、半永久的に生え続けてくれる点が人工毛植毛と自毛植毛との大きな違いなのではないでしょうか。

「直ぐに薄毛を改善できる」「何本でも頭皮へと移植できる」「手術費用が安い」ということで、人工毛植毛を病院で受けようと考えている男性はいらっしゃいます。

確かに少なからずメリットのある薄毛治療ですが、自毛植毛のように自分の髪の毛を使用しているわけではないので半永久的な効果は得られず、数年後には全て抜け落ちてしまうのです。

人工毛植毛で自分の理想とするフサフサのヘアスタイルを手に入れられたとしても、その状態を維持するには定期的にメンテナンスを受けなければなりません。

結果的に高額な費用がかかりますし、頭皮の炎症や化膿というトラブルのリスクが高いので、絶対に自毛植毛による薄毛治療を選択してください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、一度頭皮へと髪の毛が定着してくれれば、何度でも半永久的に生え変わってくれるという安心感があるからこそ、自毛植毛は注目を集めているのではないでしょうか。

日本ではまだ認知度は低いものの、アメリカではプロペシアやミノキシジルに代わる方法として、自毛植毛が主流となっております。

確かに、移植する本数によっては100万円を超える費用を支払わなければならないので、金銭的な負担は大きいかもしれません。

それでも、10年後も20年後もプロペシアやミノキシジルなど医薬品を使い続けることを考えれば、自毛植毛で薄毛治療を行う価値は十分にあるはずです。

家計を崩壊するレベルの費用がかかるケースもあるので、「絶対に自毛植毛を受けて薄毛治療を行った方が良い」とは言い切れませんが、自分の髪型にコンプレックスを持っているのならばクリニックを受診して専門医に相談してみてください。

 - 自毛植毛の効果