薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛でAGAを治療しよう

      2015/12/15

aga

AGAによる薄毛を治療するために、クリニックで自毛植毛を受けるのは選択肢の一つなっております。

日本ではそこまで認知度は高くないかもしれませんが、アメリカでは日本よりも真剣に薄毛治療に取り組んでいる男性が多く、自毛植毛によるAGA治療が主流なのです。

そもそも、AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略称で、男性が年齢を重ねることで引き起こす薄毛のことを指しております。

テレビのコマーシャルや雑誌でも近年ではAGAについて取り上げられているので、若者でも「何となく聞いたことがある」「髪の毛に関すること」と認識しているのではないでしょうか。

簡単に説明すると、AGAによる薄毛は以下のように進行していきます。

①年齢を重ねることでAGAの発症率が高くなる
②男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼが結び付く
③薄毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)が産生される
④毛乳頭にDHTは存在して脱毛スイッチを入れて健康な髪の毛が抜け落ちる
⑤生え際が後退したり頭頂部が薄くなったりと個人によって異なる薄毛で悩まされる

一度AGAを発症すると自然と解消することはなく、これが男性型脱毛症の最も厄介な点かもしれません。

育毛剤や育毛シャンプーといった方法では症状が進行した薄毛を克服するのは難しいため、自毛植毛が効果的だと考えられているのです。

自毛植毛でドナーとして利用する後頭部や側頭部の毛髪は、上記でご説明したDHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けないという特徴があります。

つまり、クリニックで一度手術を受ければ半永久的に生え続けてくれますし、生え際の後退も頭頂部の脱毛も完全に克服できるのです。

保険が適用されない手術でも、結果的にトータルコストは安くなりますし、何よりも高い効果を得られるからこそアメリカでは主流のAGA治療になっているのではないでしょうか。

医療技術の発達によって安全に治療を受けられるようになったので、自毛植毛に興味がある男性はアイランドタワークリニックで説明を受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、得られる効果が高いということで、自毛植毛でAGA治療を行っている男性は以前にも増して増えております。

確実な効果が得られる薄毛治療は他にありませんし、一度手術をクリニックで受ければ面倒なメンテナンスを行う必要はないのです。

ただし、「移植できる本数に限りがある」「メスを使う方法では傷跡が残る」「時間がかかる」「1回の手術の費用が高額」という問題点があります。

それに、AGAを発症したからといって直ぐに自毛植毛を受けなければならないわけではなく、他の治療で回復できるかもしれません。

・男性ホルモンのDHTを阻害して薄毛を抑制する内服薬のプロペシア
・血流を促して栄養素を行き渡らせやすくするミノキシジル
・頭皮に発毛に欠かせない薬剤を打ち込む育毛メソセラピー

上記のように、現在では様々なAGA治療が実施されているので、自毛植毛以外の方法も考慮してみてください。

 - 自毛植毛の効果