薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

アイランドタワークリニックは女性でも受けられるの?

   

自分の髪の毛を移植する自毛植毛と聞くと、40代から50代の中高年の男性をイメージする方が多いはずです。

しかし、近年では安全に薄毛を克服できる方法だと知れ渡り、女性や20代の若者も自毛植毛を受けております。

実際に、国内ナンバーワンのシェア率を誇るアイランドタワークリニックには、女性や若者の患者さんも多いのです。

女性でも更年期が近くなると女性ホルモンのバランス崩れによる影響で薄毛の症状が悪化しやすく、その証拠として現在では女性用の育毛剤や育毛シャンプーが通販やドラッグストアで数多く販売されております。

発毛専門のヘアサロンのリーブ21でも、「エメラルドプラン」と呼ばれる女性用のプランが人気を得ており、薄毛治療に取り組むのは何も珍しい話ではないのです。

数多くの薄毛治療の一つが自毛植毛で、アイランドタワークリニックではメスを使わずに毛根をくり抜き、薄毛が気になる部分へと移植していきます。

AGA治療薬のプロペシアは女性の服用が禁じられており、その理由を以下に記載しました。

・男性ホルモンを抑制する内服薬なので女性が服用しても意味がない
・女性は男性ホルモンだけではなく薄毛の原因が多岐に渡る
・妊娠中の女性がプロペシアを服用すると男児の生殖器に異常を起こす危険性がある
・女性はプロペシアの服用だけではなく錠剤に触れることも禁じられている

上記のように女性はプロペシアを服用できないと決められておりますが、自毛植毛は性別や年齢による制限は特に設定されておりません。

そのため、頭皮全体のボリュームが低下するびまん性脱毛症や、フケが大量に発生して薄毛を引き起こすひこう性脱毛症で悩む女性にも自毛植毛は適しております。

ただし、自毛植毛と一口に言ってもその方法はクリニックによって大きく異なり、女性はメスを使用しないFUE法を選択するべきです。

メスを使うFUT法による自毛植毛は大量の毛髪を移植できるので、広範囲の薄毛で悩むAGAの男性に適しております。

その点、女性は男性のように頭頂部や生え際といった決まった部位の脱毛が著しく進行することはなく、移植毛を多く採取する必要性がないので、より安全なメスを使わないFUE法がベストなのです。

このページでご紹介しているアイランドタワークリニックは、FUE法を更に改良させた独自のダイレクト法を取り入れているので安全に施術を受けられるでしょう。

いくら髪の毛で隠れているとは言え、後頭部に目視できる傷跡が形成されるのは女性にとって大問題なので、そのリスクを避けるためにもFUT法は避けるべきです。

男性と比較すると女性の症例数は少ないので不安を抱えるかもしれません。

それでも、アイランドタワークリニックで自毛植毛を受けた女性はいらっしゃるので、公式サイトで掲載されていない症例数を確認するためにも無料カウンセリングを受けてみるべきです。

もちろん、女性の薄毛治療は自毛植毛が全てというわけではないので、どのような対策をこれから練れば良いのかアドバイスを伺ってみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 - アイランドタワークリニック