薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛で訴訟トラブルは起きるの?

      2015/12/15

「クリニックで自毛植毛を受けて訴訟トラブルへと発展することはあるのか?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

日本での訴訟事例は少ないかもしれませんが、植毛先進国のアメリカでは薄毛の治療法や薬を巡るトラブルが多いのは事実です。

アメリカは訴訟大国と呼ばれており、自毛植毛以外にも薄毛治療において以下のような問題が起こっております。

・悪質な業者が科学的根拠のない育毛剤を販売していた
・自毛植毛のリスクを伝えずに患者さんに手術を行った
・粗悪な素材を使っていたので患者さんの頭皮や毛髪に大きなダメージが生じた
・病院で処方された内服薬を飲んでいたら体調不良に陥った

内服薬には副作用があるので医師が悪いとは一概に言えないものの、自毛植毛に関する訴訟トラブルも起こっているようです。

日本でも悪徳クリニックが絶対に存在しないとは言い切れないので、自毛植毛のような医療行為を受ける場合、信頼できる医師やクリニックを探さなければなりません。

「自毛植毛を受けたのに髪の毛が生えてこなかった」「前よりも不自然な髪型になってしまった」「頭皮の傷跡が事前説明よりも遥かに大きかった」という訴訟トラブルを未然に防ぐためにも、患者さん自身も信頼できるクリニックを探すという努力を怠ってはいけないのです。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックでは、今までに自毛植毛だけで20,000件の症例数があります。

国内のシェア率がナンバーワンの絶大な支持を得ている医療機関なので、自毛植毛による薄毛治療を受けたいという方はアイランドタワークリニックへと足を運んでみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、近年では医療の発達によって以前よりも遥かに安全に自毛植毛を受けられるようになり、訴訟トラブルなどは起こりにくくなりました。

しかし、クリニックの中には自毛植毛ではなく、拒絶反応のリスクがある人工毛植毛を実施しているところがあるので注意が必要です。

ナイロンやポリエステルといった人工毛を頭皮へと植え付ける処置が人工毛植毛で、アメリカでは健康被害による訴訟トラブルが多く、既に法律で禁じられております。

植毛後進国の日本では未だに人工毛植毛が実施されており、日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでも勧められていないので絶対に受けてはいけません。

頭皮の炎症や化膿といったリスクが高いだけではなく、数年後にはせっかく植え付けた人工毛が抜け落ちてしまうので注意してください。

 - 自毛植毛の評判