薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛で失敗するの?

      2015/12/15

「自毛植毛の手術は失敗するの?」という疑問を抱えている患者さんは多くいらっしゃいます。

確かに、外科的な処置を施して薄毛を治療する以上、失敗のリスクを考えるのは当然のことです。

親和クリニックに在籍している名医の音田正光医師は、「自毛植毛の手術が失敗することはありますか?」という質問に対して以下のように答えていたので要約をまとめてみました。

・医療に関しては自毛植毛に限らず成功や失敗を明確に線引きできない
・基本的に重大な医療ミスによって想定外の悪い状況に陥るのが失敗と言える
・治療前よりも治療後の方が悪い状態になっている際も失敗だと考えられる
・そういった意味では自毛植毛の治療結果として重篤な症状が発生したケースはない
・手術を行う範囲に関しては確実に改善効果が見られるのが自毛植毛のメリット

皆さんが想像している以上に自毛植毛は安全な薄毛治療で、「髪の毛が生えてこない」「出血が止まらない」「以前よりも薄毛が進行した」という失敗例はないのです。

これが拒絶反応のリスクのある人工毛植毛との大きな違いかもしれません。

数十年前まで頻繁に実施されていた人工毛植毛は、自毛植毛とは違って何本でも髪の毛を増やすことができますし、手術を終えたその日からフサフサの状態を維持できるという利点がありました。

確かに、長い期間をかけずに薄毛を克服できる方法ということで、症状の悪化で悩んでいる男性にとっては願ってもない方法だと言えます。

しかし、異物を植え付ける手術なので拒絶反応によって炎症や化膿といったアレルギー反応が引き起こされるリスクが高く、感染症や合併症に繋がる恐れもある危険な手術なのです。

しかも、人工毛植毛で植え付けた人工毛は頭皮に定着することはなく、1年後から徐々に抜け落ちて、結果的には元の状態に戻るというデメリットもあります。

このような人工毛植毛と比較すれば、現在主流となっている自毛植毛は失敗のリスクは少なく、非常に安全性の高い薄毛治療だと言えるのではないでしょうか。

ただし、医療的な観点での失敗が皆無なだけであって、医師の技術力不足によって以下のようなトラブルは引き起こされる可能性があります。

・客観的に見て失敗ではなくても患者さんが術後の仕上がりに満足していない
・頭皮に形成されている傷跡が想像以上に大きかった
・生え際のヘアラインが一直線になっていて不自然
・密度の濃い部分と薄い部分に分かれて違和感の残る髪型になった

担当医の技術力が低いと髪の毛を増やせても仕上がりに満足できないかもしれないので、信頼と実績を得ているクリニックを探して自毛植毛を受けてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 - 自毛植毛の評判