薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

NHT法による自毛植毛

      2015/12/15

NHT法による自毛植毛を実施しているのが紀尾井町クリニックで、東京と大阪の2大都市に店舗を構えております。

NHT法とは「ナチュラル・ヘアー・トランスプラント(Natural Hair Transplant)」の略称で、メスを使って移植を行うFUT法の一種です。

数多くの種類の自毛植毛の中でも、FUT法はアメリカで主流の方法となっており、紀尾井町クリニックではそんな高度な技術を要する手術が実施されております。

「後頭部からドナーをメスで採取する」⇒「毛包単位で株分けを行う」⇒「手作業で頭頂部や前頭部に移植していく」という流れで、自然な仕上がりとボリューム感を得られるところが特徴かもしれません。

そこで、NHT式の自毛植毛のことが更に詳しく分かるように、以下ではメリットとデメリットの両方をまとめてみたので一度参照してみてください。

<NHT式自毛植毛のメリット>
・一度に4,000本から5,000本を越える移植のメガセッションに対応している
・実体顕微鏡で作業を行う毛根単位の自毛植毛なので仕上がりが自然
・手術中の苦痛や不安を和らげるために独自の局所麻酔が行われている
・FUT法と同様に定着率が高く95%を超えている

<NHT式自毛植毛のデメリット>
・メスを使用する手術なので後頭部や側頭部に傷跡が形成される
・一直線の傷が残るので髪型の自由度が減少する
・機械を使った方法ではないので手術時間が長い
・麻酔が切れた後に痛みを感じることがある

NHT式の自毛植毛はFUT法と同じようにメスを使うという点では一緒なので、術後の痛みや頭皮に残る傷跡は覚悟しなければなりません。

しかし、「術後に自由なヘアスタイルにしたい」という患者さんの要望に応え、紀尾井町クリニックではトリコフィティック縫合法が実施されております。

傷跡を目立ちにくくしてくれるのがトリコフィティック縫合法で、この方法を取り入れている紀尾井町クリニックで自毛植毛を受ければ、最小限に抑えられるというわけです。

無痛手術を提供するために、独自の麻酔法の「NHT式トゥワイライト麻酔」と「ツメッセント麻酔」も併用しており、患者さんのことを一番に考えているクリニックなのではないでしょうか。

残念ながら当サイトでは紀尾井町クリニックはご紹介していないものの、代わりに国内でナンバーワンのシェア率を誇るアイランドタワークリニックをおすすめしているので、是非一度無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 - 自毛植毛の方法・種類