薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

ニードル法による自毛植毛

      2015/12/15

自毛植毛には様々な種類があり、クリニックによって取り入れている方法は異なります。

一昔前まで頻繁に実施されていた自毛植毛がニードル法(単一植毛)で、韓国の大学教授が開発しました。

後頭部から採取したドナーを株分けし、サイズの異なる数種類の針を使って穴開けと植え込みを同時に行っていきます。

もちろん、自分の髪の毛を使った薄毛治療なので拒絶反応の心配はなく、一度定着すれば特別なメンテナンスを行うことなく、一生自分の髪の毛として生え続けてくれるのです。

そこで、どのような自毛植毛なのか詳しく知るために、以下ではニードル法のメリットとデメリットの両方を表記しているので一度参照してみてください。

<ニードル法による自毛植毛のメリット>
・1本1本丹念に植毛していくので仕上がりが綺麗
・専用器具を用いるので植え付ける角度や間隔も自在に調整できる
・毛髪の流れに合わせて生え際の産毛の演出に対応できる
・ドナーや移植部位の傷跡が目立ちにくい

<ニードル法による自毛植毛のデメリット>
・生え際ならばまだしも頭頂部の広範囲に移植するのは難しい
・グラフトの余分な組織を削ぎ落とす必要があるので手術に時間がかかる
・ドナーを採取してから移植するまでの時間を短くすることで定着率を上げられるので、時間のかかるニードル法では移植率のロスが大きい
・短時間で株分けを行うには熟練したスタッフが何人も必要なので費用が高い
・長い手術時間がかかるので患者さんの身体に加わる負担が大きい
・針の圧力で毛根に加わるダメージが大きく、発毛率の低下に繋がりやすい

ニードル法による自毛植毛は東洋人の黒くて太い毛髪に適しているため、韓国では積極的に実施されている方法の一つとなっております。

しかし、上記のようにデメリットの大きな方法なので、日本ではあまり行われなくなりました。

有名なクリニックではニードル法ではなくFUT法やFUE法が取り入れられており、それは毛根の切断率を抑えて生着率を極限まで高められるからです。

綺麗な仕上がりが得られたとしても、ドナーロスが生じれば自分の髪の毛が無駄になるので意味がありません。

得られるメリットの割には、「費用が高い」「多本数の移植が難しい」というデメリットが目立つので、ニードル法を推しているクリニックでは自毛植毛を受けない方が良いでしょう。

その点、当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックでは、定着率が95%を超えているダイレクト法による自毛植毛が実施されております。

ニードル法と同じように綺麗な仕上がりで根本的に薄毛を治療できるので、アイランドタワークリニックの無料カウンセリングで詳細を確かめてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 - 自毛植毛の方法・種類