薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛と麻酔

      2015/12/15

メスを使用するFUT法による自毛植毛でも、メスを使わないFUE法による自毛植毛でも、術前に局所麻酔を打つので痛みはありません。

確かに、「髪の毛を植え付ける手術」と聞くと、「痛みで我慢できないのではないか?」という不安が頭を駆け巡るはずです。

しかし、局所麻酔の効果で一切の痛みはありませんし、リラックスした雰囲気の中で自毛植毛手術を受けられるというメリットがあります。

もちろん、麻酔を注射する際のチクっとした痛みは我慢しなければならないものの、歯科医院で口に刺す麻酔注射と比べれば遥かに痛みは少ないはずです。

小学1年生の子供でも十分に耐えられる痛みですし、「大掛かりな手術なのではないか?」と心構える必要はないでしょう。

静脈内に薬液を入れる静脈注射を使用するケースも少なからずありますが、効き目が強くて眠気を感じるようになり、患者さんはどのような形で髪の毛を移植して薄毛を改善していくのか経過を見られなくなります。

そのため、多くのクリニックでは頭部に局所麻酔を打つだけですし、様々な外科手術で使用されているリドカインがメインなので、安全性はかなり高いというわけです。

麻酔を打つと患部の感覚が少しずつなくなり、その後にドナーを採取したり株分けした後に移植したりといった処置を行います。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックでも、安全性の高い麻酔を使った自毛植毛が受けられるので、まずは無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、自毛植毛に限らず美容整形にも同じように言えますが、手術で使用する医療器具は最初に化学溶液に入れて細菌を死滅させます。

高温高圧の滅菌器で感染要因の細菌を抹消させたり、1回限りの使い捨てにしたりという対処を行っているため、術後に感染症で悩まされることはありません。

麻酔薬にしても安全なリドカインを使っているクリニックが多く、得られる効果と安全性の高さから自毛植毛は数多くの薄毛治療の中でも注目を集めているのです。

ただし、手術中に痛みを感じることはなくても、術後に麻酔薬の効果が切れ始めるとズキズキとした痛みを感じる可能性があります。

痛みの程度は個人差があるので一概には説明できないものの、転げ回るほどの痛みではないので安心してください。

恐らく、術後の痛みをカバーするために医師から痛み止めや鎮痛剤が処方されるはずなので、用法と用量を守って服用しましょう。

 - 自毛植毛の方法・種類