薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

刈り上げない自毛植毛

      2015/12/15

メスを使わないFUE法による自毛植毛は現在の日本では主流の薄毛治療となり、クリニックで受ける患者さんの数は飛躍的に上昇しております。

メスを使わないので痛みや傷跡のリスクが低いというメリットがあるものの、ネガティブ要因として取り上げられるのが後頭部の刈り上げです。

AGAの影響を受けにくい部位の毛髪を使う画期的な薄毛治療が自毛植毛で、ドナーを後頭部から採取する際には刈り上げなければなりません。

つまり、自毛植毛を受けたことを隠したいのならば後頭部を人目に晒さないように、帽子やヘアシート、カツラやウィッグなどを装着しなければならないのです。

実際に、自毛植毛へのネガティブなイメージに関するアンケートをとあるクリニックで行ったところ、以下のような結果が出ました。

1位:手術部位の痛みや痒みが不安
2位:手術自体に抵抗がある
3位:手術にかかる費用が高い
4位:後頭部を刈り上げなければならない
5位:拘束される時間が長そう

後頭部の刈り上げに関して不安を抱えている患者さんは意外と多いことが分かりました。

そこで、現在では医療の発達により、限られたクリニックで刈り上げない自毛植毛を受けられるようになったのです。

「後頭部だけをバリカンで短くする」という手間を省き、術後に後頭部の見た目を気にすることなく日常生活を送れます。

通常のFUE法と比較してかかる費用は高いものの、刈り上げない自毛植毛のメリットが大きいのは間違いないでしょう。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックでは刈り上げないダイレクト法が実施されている数少ない医療機関なので、無料カウンセリングで詳細を伺ってみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、上記でご紹介したアイランドタワークリニックだけではなく、アスク井上クリニックでも「刈らない自毛植毛」「刈り上げない自毛植毛」が実施されております。

植毛レジェンドと呼ばれているドクター井上がこのクリニックには在籍しており、「アンシェーブンi-SAFE法」を開発しました。

手術時間は少々長いものの、従来の方法と変わりない精度と定着率を誇っており、何よりも後頭部を刈り上げる必要性がないからこそアスク井上クリニックの「アンシェーブンi-SAFE法」は高い評価を得ているのです。

ここでは患者さんの手術への抵抗感を減らすために、「アンシェーブンi-SAFE法」による自毛植毛をスタンダード化しております。

アスク井上クリニックでも当然のように無料カウンセリングが実施されているので、自毛植毛で薄毛を治療したいと考えている患者さんは一度足を運んでみてください。
 

>>> アスク井上クリニックの詳細はこちら

 

 - 自毛植毛の方法・種類