薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

FUE法による自毛植毛

      2015/12/15

「メスを使わない」「頭皮を切らない」「痛くない」という特徴を持った自毛植毛がFUE法で、「Follicular unit extraction」の頭文字をとって名付けられました。

後頭部や側頭部からドナーとなる毛髪を採取する際にメスを使って切り取る必要がないため、安全性の高い自毛植毛だとお分かり頂けるはずです。

近年になって人工毛植毛やFUT法による自毛植毛に代わり、FUE法が主流になったからこそ日本でこの薄毛手術を受ける患者さんが増え始めたのかもしれません。

クリニックによって多少の違いがあるものの、どのような流れでFUE法による自毛植毛が実施されるのか見ていきましょう。

①元気な毛髪を選んでパンチを使って毛包ごと採取していく
②専用のチューブパンチで移植するためのホールを作成する
③インプランターと呼ばれる機械で毛髪を移植していく
④毛髪の角度や向きを調節できるので自然な仕上がりが期待できる
⑤頭部に包帯を巻いて手術完了で、6ヶ月から10ヶ月程度の期間が経過すると全てが生え揃う

FUE法によってくり抜いた跡は自然と傷が塞がるのを待つことになるので、米粒状の白い傷跡として残ります。

しかし、メスを使用するFUT法による自毛植毛と比べて傷跡は小さくて目立ちませんし、髪の毛で隠すことができるので特に問題はありません。

「メスを使わない手術を臨んでいる患者さんにおすすめ」「頭皮が硬い人や余剰皮膚が足りない人でも手術を受けられる」「身体への負担を抑えられる」というのがFUE法の大きなメリットなのです。

このように聞くと、「メスを使うFUT法よりもFUE法による自毛植毛の方が良いに決まっている」と考えるかもしれませんが、以下のように幾つかのデメリットがあります。

・ドナーを採取する際に後頭部を刈り上げなければならない
・パンチで盲目的に毛包をくり抜いていくので毛根の切断率が高い
・毛根の切断率を下げるためには高度な技術が必要なので1回の植毛量に制限がある

上記のようなデメリットがあるため、アメリカではFUT法による自毛植毛の方が主流になっております。

とは言え、当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックでは、FUE法の欠点を補ったダイレクト法による自毛植毛が実施されており、定着率を最大限にまで高めることができるのです。

熟練者が手術を担当してくれるので綺麗な仕上がりが期待できますし、後頭部を刈り上げない自毛植毛もアイランドタワークリニックでは実施されているので、無料カウンセリングで一度説明を受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 - 自毛植毛の方法・種類