薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

ダイレクト法による自毛植毛

      2015/12/15

評判の高いダイレクト法による自毛植毛について

自毛植毛は1種類というわけではなく、クリニックによって方法が大きく異なります。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックで実施されているのがダイレクト法による自毛植毛で、患者さんからの評判が高いのが大きな特徴です。

自毛植毛手術で世界的に主流になっているFUE法(Follicular Unit Extration)を更に進化させた方法がダイレクト法で、メスを使わずに移植していきます。

一般的なFUE法の場合、吸引パンチを使って頭皮ごと毛包単位でくり抜いてドナーを採取するのですが、採取する際に時間がかかって定着率が下がるというデメリットがありました。

その点、アイランドタワークリニックのダイレクト法は専用の機械を使って採取していくのでスピードが異なり、グラフトを傷付けずに移植できるので95%以上の生着率を誇っているのです。

安全性が高いだけではなく、毛根の切断率を下げて得られる効果を最大限に高めているからこそ評判が高いのではないでしょうか。

そこで、以下ではアイランドタワークリニックで実施されているダイレクト法による自毛植毛のメリットを箇条書きで記載したので、一度目を通しておいてください。

・ドナー採取の時間を短縮できるのでストリップ法やFUE法よりも生着率が高い
・電動パンチで正確に採取するのでグラフトを傷付ける心配がない
・2,000株以上を一度の自毛植毛で移植するメガセッションが可能
・無駄な組織が付いていない綺麗なグラフトを採取できるので高密度で移植できる
・メスを使わないので痛みが最小限に抑えられている

 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

ダイレクト法による自毛植毛で傷跡は形成されるの?

頭皮をメスで切り取るFUT法による自毛植毛では、ドナーを採取した後頭部や側頭部に傷跡が残るというデメリットがあります。

多少の傷跡が残る点ではFUE法もダイレクト法も一緒ですが、そのリスクを大幅に下げられるのです。

アイランドタワークリニックで実施されているダイレクト法ではメスではなく、専用の電動パンチを使ってドナーを採取していきます。

そのため、患部に傷跡が形成されにくく、術後は多少の赤みや炎症が引き起こされたとしても、数日間が経過すれば引いてくるので問題はありません。

髪の毛を伸ばした後にクリニックで自毛植毛を受ければ、術後の髪型で傷跡をカモフラージュできるというわけです。

ダイレクト法による自毛植毛はアイランドタワークリニックでしか受けられないので、実際に無料カウンセリングを受けて専門医から詳しく伺ってみてください。

 

ダイレクト法による自毛植毛は費用が高いの?

上記では、アイランドタワークリニックのダイレクト法にどのようなメリットがあるのか記載しました。

しかし、「限られたクリニックでしか受けられない」「高額な費用がかかる」というデメリットがあります。

アイランドタワークリニックでしか行われていないので、必然的に東京や大阪、名古屋や福岡の近辺に住んでいる人しか手術は難しいはずです。

それに加えて、他の自毛植毛と比較して高い費用がかかるため、手術を戸惑う患者さんは多いのではないでしょうか。

「ダイレクト法以外の自毛植毛には効果がない」というわけではないので、自分に適した方法を吟味するべきです。

 - 自毛植毛の方法・種類