薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛と培養・クローン

      2015/12/15

薄毛の治療と聞くと育毛剤や内服薬をイメージするかもしれませんが、現在では自分の毛髪を移植する自毛植毛が注目を集めております。

AGAの影響を受けにくい後頭部や側頭部の毛髪を使った画期的な手術で、男性だけではなく女性の患者さんも増えているのです。

実は、この自毛植毛に代わる処置として毛髪培養の研究が進められており、クローンと聞くと分かりやすいかもしれません。

映画やアニメでは一人のヒトの細胞から同じ人を作り出すクローン技術を使ったシーンがあり、毛髪培養でも同じように1本の髪の毛から無限大に増やすという近未来的な試みというわけです。

①バイオテクノロジーの分野で髪の毛を作っている毛包を培養する
②1本で毛包を幾らでもコピーできれば無限の材料を作ることができる
③クローンで作った大量の毛髪を頭皮へと移植する
④傷跡を残さずに自由にヘアデザインができる

上記のような流れで薄毛の治療が行えるため、毛髪培養は自毛植毛に代わる方法として日本だけではなく世界的に研究が進められております。

人工毛植毛と比べて自毛植毛は自分の髪の毛を使うため、拒絶反応のようなリスクは一切ありません。

得られる効果だけではなく安全性の高い薄毛手術だからこそ注目を集めているのですが、利用できるドナーには制限があります。

別の場所から人工毛を持ってくるのではなく、自分の後頭部や側頭部に生えている毛髪を使うため、どんなに多くても10,000本~12,000本程度が限界なのです。

一方で、毛髪培養が実用化されればクローン技術によって幾らでも髪の毛を増やせるため、ドナーの本数の制約はなくなります。

「AGAが進行してツルツルの状態になってしまった」という男性でも、自分の髪の毛でフサフサの状態まで戻せるのです。

フェニックスバイオやリッツ・メディカルクリニックでは試験的に毛髪培養に取り組んでおり、薄毛治療の将来は明るいのではないでしょうか。

しかし、クローン技術を応用した毛髪培養には、以下のようなデメリットや問題点があります。

・効果の不確実性や安全性の確保など乗り越えるべき課題が多い
・実用化されるまでには数年間から数十年間程度を要する
・仮に実用化されても自毛植毛以上に高額な費用がかかる
・培養細胞の寿命は短く癌化の心配があるのではないかと噂されている

現段階では夢のような話なので、毛髪培養ではなく自毛植毛を実施しているアイランドタワークリニックで治療を受け、薄毛を克服してみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 - 自毛植毛の方法・種類