薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛とローン・分割払い

      2015/12/15

自毛植毛は投薬治療とは大きく異なり、高額な費用がかかるということで医療ローンやクレジットカードによる分割払いが可能です。

医療ローン:病気の治療や手術をする際に使われるローンのことを指す
分割払い:支払いの回数はクリニックによって違いが生じている

移植する本数によって異なるものの、1000グラフト以上を植えつけるとなると100万円以上の費用が自毛植毛ではかかります。

これだけの費用を一括で支払うのは難しいため、医療ローンやクレジットカードによる分割払いに対応しているクリニックが多いのです。

医療ローンはメディカルローンとも呼ばれており、「治療を予約する」⇒「必要事項を記入する」⇒「申し込み内容に関して確認の電話がある」⇒「審査結果の連絡がある」⇒「ローン会社と最後の確認をして終了」という形となります。

ただし、国内や国際ブランドのクレジット会社よりも金利が高く、「満20歳以上で安定した収入がある」「定職に就いていない人は保証人が必要」という規定があるため、自毛植毛を受けるクリニックで相談してみましょう。

クレジットカードによる分割払いに関しては、「VISA」「MasterCard」「UC」「DC」「アメリカン・エクスプレス」「JCB」といった大手のブランドならば利用できるはずです。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックでも、患者さんの負担を減らすために医療ローンや分割払いに対応しているので、無料カウンセリングの際に尋ねてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、メディカルローンや分割払いを利用しなければならないほど、高額な費用がかかるのが自毛植毛のデメリットとなっております。

しかし、プロペシアやミノキシジルなどの育毛剤は、常に使い続けなければなりません。

1ヶ月当たりの費用は合計で15,000円と仮定しても、1年間で18万円を支払わなければならず、10年間で180万円と自毛植毛よりも高くなります。

その点、自毛植毛は一度手術を受けるだけで薄毛を根本的に改善できますし、メンテナンス費用やランニングコストがかからないからこそ注目を集めているのです。

とは言え、メディカルローンにしても分割払いにしても、支払う期間が長ければ長いほど金利が高くなり、合計で支払う費用も増えるので注意しましょう。

だからといって100万円を超える費用を一括で支払うのは現実的ではないため、頭金として一定の費用を支払い、残りの金額を分割して金利の負担を少しでも減らしてみてください。

 - 自毛植毛の費用