薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛のコスト

      2015/12/15

クリニックによって異なるので一概には説明できないものの、自毛植毛はコストパフォーマンスが悪いところが大きなデメリットかもしれません。

プロペシアやミノキシジルなど、育毛剤を使った薄毛治療ならば1ヶ月当たりのコストは大よそ10,000円~15,000円程度となっております。

その点、自分の髪の毛を移植する手術の自毛植毛では、1グラフト当たり平均して1,000円ほどかかり、合計で100万円を超えるケースは決して少なくないのです。

100グラフトの移植⇒基本料金20万円+100グラフト×1,000円=30万円
500グラフトの移植⇒基本料金20万円+500グラフト×1,000円=70万円
1000グラフトの移植⇒基本料金20万円+1000グラフト×1,000円=120万円
2000グラフトの移植⇒基本料金20万円+2000グラフト×1,000円=220万円

前頭部の狭い範囲に自毛植毛を受けるならば費用は安くて済むものの、頭頂部の広い範囲に渡って移植を行うとなると100万円を超えるコストが必要となります。

クリニックによっては基本料金を取らないところがありますが、薄毛治療は保険が適用されないという点では一緒なので、高額な費用がかかるのです。

このように聞くと、「自毛植毛でAGAの治療を行うのはやめた方が良いのではないか?」と考える人が多いのではないでしょうか。

確かに、コストがネックになるのは分かるものの、他の薄毛治療でもトータルで見れば高い費用を支払わなければならないのです。

育毛剤で1ヶ月に10,000円を支払っていると仮定すると、基本的に長期間に渡って使い続けなければならないので1年間で12万円、10年間で120万円程度を費やします。

カツラの作成に関してもオーダーメイドならば数十万円程度のコストがかかり、人工的に作られたものなので定期的にメンテナンスを行わなければなりません。

しかも、脱毛部分から自分の髪の毛が生える自毛植毛とは違い、カツラやウィッグの装着では根本的な薄毛の改善には繋がらないのです。

自毛植毛は一度手術を受ければ半永久的に髪の毛が生え続けてくれますし、メンテナンス費用が一切かからないからこそ数多くのAGA治療の中でも注目を集めております。

「効果の出ない育毛剤を使い続けるのは辛い」「薄毛を劇的に回復させたい」と考えている人は、自毛植毛を選択肢の中に入れてみても良いのではないでしょうか。

もちろん、クリニックによって自毛植毛の方法もコストも異なるため、以下の点を事前に把握しておくべきです。

・どのような方法の自毛植毛が実施されているのか?
・どの程度の手術費用を支払えば自毛植毛を受けられるのか?

実際に、クリニックの無料カウンセリングを受け、自毛植毛に関する悩みを相談するのが手っ取り早いので、当サイトでご紹介している国内ナンバーワンのシェア率を誇るアイランドタワークリニックを訪れてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 - 自毛植毛の費用