薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛で引き起こされるトラブル

      2015/12/15

日本皮膚科学会が発表した薄毛治療を評価するAGA診療ガイドラインで、自毛植毛はBランクという高い評価を得ております。

プロペシアとミノキシジルに次ぐ薄毛治療として効果的だと言われており、日本でも手術を受けられるクリニックは以前よりも格段に増えました。

しかし、そんな自毛植毛でも外科的な手術という点では変わりなく、トラブルが引き起こされる可能性は十分にあります。

自毛植毛の良い部分だけを取り上げて宣伝しているクリニックは多いものの、「どのようなトラブルがあるのか?」「どんな危険性があるのか?」といった点も事前に把握しておかなければならないのです。

そこで、以下では自毛植毛で起こり得るトラブルの例を幾つか挙げてみました。

①ドナーを採取した部分や移植した部位に傷跡が形成された
②術後に患部がむくんだり腫れたりした
③移植した部位の頭皮が凸凹の状態になった
④自分がイメージしていた髪型と異なる
⑤生え際のラインが不自然で気に入らない
⑥思ったほど密度が感じられなかった

上記のようなトラブルが引き起こされる可能性があると、これから自毛植毛を受けようとしている方は不安になるかもしれません。

しかし、以下のような対策を行えば未然に防ぐことができます。

①メスを使用するFUT法ではなくFUE法による自毛植毛を受ける
②麻酔薬の影響でまぶたが腫れやすいので術後にヘッドバンドを装着する
③ストリップ法に限り引き起こされるのでFUE法ならば避けられる
④信頼できる医師とクリニックを探して綿密な打ち合わせを行う
⑤生え際は特に自然な流れが大事なので技術力の高い医師による手術を受ける
⑥事前に本数だけではなく密度もシュミレーションを医師と一緒に行う

自毛植毛は危険性の高い薄毛治療というわけではないため、上記のような対策を行えば未然にトラブルを防ぐことができます。

それに、人工毛を頭皮へと移植する薄毛手術の人工毛植毛と比較すれば圧倒的に安全ですし、植えつけた髪の毛は一生涯に渡って生え続けるので根本的な改善に繋がるのです。

人工毛植毛は異物を植え付ける手術なので拒絶反応が引き起こされやすく、アメリカでは以前に訴訟トラブルが起きたので現在では法律で禁止されました。

炎症や化膿など健康に大ダメージを与えるだけではなく、手術を受けてから数年後には全て抜け落ちてしまうので、理想の髪型を維持するには定期的に高額な費用を支払ってメンテナンスをしなければなりません。

その点、自毛植毛は「自分の髪の毛なので拒絶反応が起きない」「メンテナンスの必要がない」という安全性の高い薄毛治療なので、当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックで受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 - 自毛植毛の副作用