薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛のリスク・後遺症

      2015/12/15

自毛植毛は投薬治療とは違って外科的な手術で薄毛を改善する方法なので、少なからず後遺症のリスクがあります。

「AGAによる薄毛を完全に克服できる」「一度手術を受ければ半永久的に生え続けてくれる」というメリットばかりが取り上げられておりますが、後遺症のリスクについてもきちんと心得ておくべきです。

現在では、一口に自毛植毛と言っても、「FUE法」「FUT法」「SAFESYSTEM植毛法」「パンチグラフト法」「ニードル法」など様々な方法がクリニックでは行われております。

手術の方法によって後遺症の有無は異なるので一概には説明できませんが、どのような症状が引き起こされるリスクがあるのか以下を参照しておきましょう。

・メスを使う自毛植毛ではドナーを採取した部分に傷跡が残る
・FUT法では頭皮を引っ張って縫合するので術後に突っ張りを感じる
・麻酔が切れた段階から翌日にかけてズキズキと痛む
・術後に麻酔薬の影響でまぶたが腫れぼったくなる

今現在では以前と比較して確実に医療は発達しておりますし、自毛植毛のエキスパートも日本で誕生しているので、評判の高いクリニックで自毛植毛を受ければ大きな失敗のリスクはないはずです。

それでも、発毛治療や育毛治療とは異なり、自毛植毛は外科的な処置を行う薄毛手術なので、上記のような後遺症が引き起こされる可能性があります。

とは言え、FUT法にしてもFUE法にしても、痛みや腫れといった症状は術後しばらく経過すればおさまってくるはずです。

アイランドタワークリニックではメスを使わない安全性の高いダイレクト法による自毛植毛が実施されているので、一度無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、自分の髪の毛を移植する自毛植毛は、人工毛を移植する人工毛植毛と比べて圧倒的に後遺症のリスクは少なくなっております。

本数に限りなく植え付けられるということで、一昔前は人工毛植毛が積極的に実施されておりました。

しかし、頭皮に異物を植え込む手術の人工毛植毛では、以下のような副作用や後遺症が引き起こされやすいのです。

・細菌感染や炎症によって頭皮が変形するピットスカー現象が生じる
・拒絶反応で頭皮が熱を持って膿が出てくる
・感染症を引き起こして植えつけた周りの正常な毛も抜け落ちる
・人工毛の一部が抜け落ちずに毛穴の中に残って炎症や化膿を引き起こす
・半年間から1年間に1回のペースでメンテナンスをしなければならないので高額な費用がかかる

上記のように、人工毛植毛は自毛植毛と比べて危険な薄毛治療なのは間違いなく、現在ではあまり実施されなくなりました。

アメリカでは既に法律で禁止されたのにも関わらず、日本ではまだ人工毛植毛を実施しているクリニックはあるため、これが植毛後進国と言われている大きな理由です。

もちろん、自毛植毛でも「仕上がりが不自然になる」「1回の手術で高額な費用がかかる」というリスクはあります。

それでも、技術力の高い医師やクリニックで手術を受ければ失敗のリスクは防げますし、メンテナンス費用が一切かからない薄毛治療なので、自毛植毛を選択肢の一つとして考慮してみてください。

 - 自毛植毛の副作用