薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛によるピットスカー

      2015/12/15

自分の後頭部や側頭部の髪の毛を移植する自毛植毛は、比較的安全性の高い薄毛手術となっております。

多少の副作用のリスクはあるものの、身体が危険に晒されるような施術ではありませんし、AGAで悩む男性だけではなく薄毛で悩む女性も現在では自毛植毛を受けているのです。

一方で、ポリエステルやモダアクリルといった人工毛を植え付ける人工毛植毛は副作用のリスクが高く、ピットスカー現象と呼ばれる症状が引き起こされることがあります。

薄毛部分に髪の毛を植え付けた際に、頭皮が柑橘系のみかんのようにボコボコとした状態になる現象をピットスカーと呼び、凹んだまま固定されることも少なくありません。

頭皮全体がガチガチに硬くなっているケースも多く、部分的にアイスピックで抉られたように凹んで自分で頭皮を触ると違和感に気付くはずです。

・異物を植え付けたことによる拒絶反応で炎症や化膿を起こす
・株を植え付ける際に毛包を表皮よりも深く押し込んでしまう
・スリットのサイズと株のサイズが合っていない
・スリットを入れた際に皮膚全体が瘢痕状に硬くなる体質の人
・移植する際に生え際のヘアラインを極端に下げてしまった

上記のような原因でピットスカー現象は生じやすく、症状の程度に違いはあれど、人工毛植毛では100%の確率で引き起こされる副作用だとも考えられております。

「自毛植毛では絶対に引き起こされない」と言い切ることはできませんが、ピットスカーが起こる確率は非常に低いのです。

それは自分の髪の毛を使って移植する手術なのが大きな理由で、拒絶反応が生じる確率はゼロと言い切っても良いでしょう。

人工毛植毛のような危険な副作用はなく、皆さんが想像しているよりも安全性の高い薄毛治療となっております。

数々の薄毛治療をランク分けした日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでは、以下のように表記されておりました。

自分の髪の毛を移植する自毛植毛⇒Bランクの評価(行うよう勧められる)
人工毛を植え付ける人工毛植毛⇒Dランクの評価(行わないよう勧められる)

ピットスカーを中心とする副作用のリスクは圧倒的に低く、安全に脱毛した部分の髪の毛を増やせるのが自毛植毛で、根本的に薄毛を克服できます。

もちろん、信頼と実績のある医療機関で技術力の高い医師による手術を受けるのが大前提なので、当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックがおすすめです。

頭皮に負担の加わらないダイレクト法による自毛植毛が取り入れられておりますし、アフターケアのサポートも徹底しているのでアイランドタワークリニックを利用してみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 - 自毛植毛の副作用