薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛によるむくみ

      2015/12/15

以前まで頻繁に実施されていたスリット法による自毛植毛と比べてみると、現代で主流のメスを使用しないFUE法による自毛植毛は副作用や後遺症のリスクが低くなっております。

非常に小さい単位で移植するためにパンチと呼ばれる機械を使うのがFUE法の特徴で、身体や頭皮に加わる負担が少ないのが大きな特徴です。

それでも、外科的な処置を施す点では変わりなく、患部や別の場所にむくみが引き起こされるかもしれません。

実際に、自毛植毛を受けた後のむくみで悩んでいる男性は多く、手術を受けてから4日目から1週間辺りに引き起こされるという特徴があります。

自毛植毛によるまぶたの腫れというページでも説明致しましたが、まぶた近辺にむくみが生じやすく、手術で使用した麻酔薬による影響です。

麻酔薬が寝ている間に下がり、その影響でまぶたが腫れぼったくなったりむくんだりという状態に陥りやすく、頭頂部よりも前頭部へと移植した人の方がこの症状で悩みやすいのではないでしょうか。

高密度で移植しすぎるのも原因の一つだと考えられているので、数回に分けて少しずつボリュームアップしていくのも選択肢の一つです。

この点に関しては素人では正しい判断ができないため、担当医と相談して決める形となります。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックでは患者さんの要望を第一に考えてくれるので、副作用が怖いという人は事前にその旨を伝えておいてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、自毛植毛の手術ではなく、日常生活に何かしらの原因が潜んでいて頭皮にむくみが生じているケースも十分に考えられます。

頭皮を触ってみてブヨブヨと柔らかくなっている状態がむくみで、血液やリンパ液の流れが滞って鬱血しているのが大きな原因です。

「頭皮が硬いと血行不良のサインだから、抜け毛や薄毛に繋がる」と考えている人は多いかもしれません。

確かに、頭皮が硬いと健やかな毛髪が育ちにくいので薄毛に繋がりやすいものの、柔らかくなってむくんでいる状態も実は危険なのです。

頭皮のむくみを放置していると、「頭痛」「眼精疲労」「耳鳴り」「睡眠障害」など様々なトラブルに繋がります。

そこで、血液やリンパ液の流れを良くするために、頭皮マッサージで筋肉を解したり入浴して身体を温めたりという対策を練ってみてください。

 - 自毛植毛の副作用