薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛によるくせ毛

      2015/12/15

元々天然パーマの人は気にならないかもしれませんが、自毛植毛を受けたことで新しく生えてきた髪の毛がくせ毛になるという話を聞きます。

原理的には後頭部や側頭部から毛髪を採取する自毛植毛では、移植部位の性質を引き継ぐという性質があるため、直毛の人がくせ毛になることはありません。

「頭頂部だけ直毛で後頭部はカールしている」という髪質の人はおりませんし、移植しても真っ直ぐに生えてくるはずです。

しかし、下記のような原因で稀にくせ毛になることが分かりました。

・植え付ける際にスリットを深く入れすぎて毛髪の流れがおかしくなった
・傷跡へと植毛した際に血行不良が生じて栄養分が行き渡りにくくなった
・毛髪の表面にあるキューティクルが何かしらの理由でダメージを受けている

上記のような理由で自毛植毛で後から生えてきた毛髪がカールしやすく、どうしても気になるのならば縮毛矯正やストレートパーマで様子を見るのが良いかもしれません。

とは言え、くせ毛になるのは初期の頃で、手術を受けてから時間が経過して改善されてくることはあります。

それに、自毛植毛を受けた後は頭皮がデリケートな状態となっており、移植した毛髪が定着するかどうか決まる時期なので、なるべく縮毛矯正やストレートパーマは行わない方が良いのです。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックでは、メスを使って頭皮にスリットを入れる方法ではなく、専用の機械でドナーを採取するダイレクト法による自毛植毛が実施されております。

つまり、他の方法よりもくせ毛のリスクを減らせるので、直毛のまま維持したい人はアイランドタワークリニックで手術を受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、くせ毛が強い人は自毛植毛を受けてAGAによる薄毛を治療できるのかどうか気になるはずです。

日本人全体で見て直毛の人は90%以上ですが、中にはくせ毛の髪質で悩んでいる人はいらっしゃいます。

自毛植毛は自分の髪の毛を薄毛の部分へと移植する手術なので、髪質に関係なくクリニックで受けることが可能です。

大きくうねっている波状毛(はじょうもう)、コイル状に捻れている捻転毛(ねんてんもう)、チリチリとした状態のちぢれ毛など、どのようなくせ毛でも自毛植毛で薄毛を克服できます。

ただし、採取した部位の髪質が移植先でも受け継がれ、自然なヘアスタイルに見せるには医師の腕が必要なので、技術力の高い医師が在籍しているクリニックで手術を受けなければなりません。

もちろん、くせ毛の人に限らず直毛の人にも該当する話なので、信頼できるクリニックを探す努力を怠らないようにしてください。

 - 自毛植毛の副作用