薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛による傷跡

      2015/12/15

自毛植毛で薄毛の治療を行うに当たり、「髪の毛を採取した部位に傷跡が生じるのではないか?」「髪の毛を移植した部分に傷跡が残るのではないか?」という不安を抱く患者さんは多いはずです。

確かに、外科的な手術を受けるとなると、身体に引き起こされる影響は気になります。

術後に傷跡が残るかどうかは部位によって大きく異なり、多少は残ってしまうかもしれません。

ドナーを採取した部分の傷跡⇒幅1mmから2mm程度の傷跡が残る
スリットを入れた頭頂部や前頭部の傷跡⇒術後2週間から1ヶ月程度で消えていく

ドナーを採取した部分は、メスを使うFUT法による自毛植毛でも、メスを使わないFUE法による自毛植毛でも上記のように傷跡が残ります。

そのため、「自分は絶対に頭皮に傷跡を残したくない」と考えている人は、自毛植毛ではなく別の方法で薄毛治療を行った方が良いでしょう。

術後は出血を伴うのでかさぶたが形成され、その影響で傷跡が後頭部や側頭部に残ると考えられます。

それでも、大きさは幅1mmから2mm程度と物凄く小さいですし、2センチメートルくらい髪の毛を伸ばせば隠せるのです。

手術を受けてから時間が経過すれば自然と傷跡は薄く目立たなくなっていきますし、完全に消えなくても後頭部の髪の毛は下に向かって生えているので十分にカモフラージュできます。

 

傷跡へと自毛植毛を受けられるの?

AGAによって髪の毛が薄くなった部位だけではなく、自毛植毛で怪我や火傷の傷跡へと植え付けることはできます。

もし、傷跡が大きく目立ってウィッグなどで隠しているのならば、自毛植毛を受けて自分の髪の毛を新たに生やしてみるのは選択肢の一つかもしれません。

「傷跡はダメージを受けているから定着率が下がる」というデータは出ておりませんし、無毛部分にも移植して髪の毛を生やせるのが自毛植毛の大きなメリットなのです。

どの程度の移植本数が必要なのか専門医でなければ正確に把握できないので、一度信頼できるクリニックへと足を運んで診察してもらってはいかがでしょうか。

 

ダイレクト法による自毛植毛で傷跡は形成されるの?

メスを使わないダイレクト法による自毛植毛を実施しているのがアイランドタワークリニックで、国内でもナンバーワンのシェア率を誇っております。

このダイレクト法による手術を受けて、傷跡が残らないのかどうか気になっている男性は多いはずです。

しかし、アイランドタワークリニックでプロの医師による施術を受けたとしても、ドナーを採取した部分の傷跡は少なからず形成されます。

それでも、メスを使用するFUT法による自毛植毛よりもそのリスクは圧倒的に低く、パっと見て目立つような傷跡ではないのは間違いありません。

「自然な髪型にしたい」という患者さんの要望に応えてくれる医療機関なので、アイランドタワークリニックで自毛植毛を受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 - 自毛植毛の副作用