薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛によるかゆみ

      2015/12/15

頻繁に引き起こされる副作用ではないものの、自毛植毛を受けた後に患部のかゆみで悩む患者さんは少なからずいらっしゃいます。

元々皮膚が弱く、乾燥しただけでかゆみが生じたり赤くなったりという肌質の人は、自毛植毛の術後にドナー部分や移植部位が痒くなるようです。

普段ならば頭皮や肌にかゆみが生じたらポリポリと掻き毟るかもしれませんが、自毛植毛の術後は十分に注意しなければなりません。

ドナーを採取した部位ならばまだしも、移植した部分を掻き毟って刺激を加えると定着率が下がる原因となります。

自毛植毛は術後1週間から2週間くらいまでの過ごし方が大事だと考えられており、なるべく患部にダメージを与えないように普段の生活を送らなければならないのです。

本能に任せて掻き毟れば定着率が下がりやすいだけではなく、かぶたが剥がれて出血し、傷跡が治りにくくなる原因となります。

そのため、自毛植毛を受けた後に我慢できないくらいのかゆみで悩まされているのならば、手術を受けたクリニックへと足を運んでかゆみ止めの内服薬や外用薬を処方してもらいましょう。

手術を受けて終わりというわけではなく、術後の経過を見るために数回に渡って病院へと通院するはずなので、その際に担当医に相談してみるべきです。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックでは、患者さんへのアフターケアのサポートも重要視しております。

少しでも安心して自毛植毛を受けられるように考えてくれている医療機関なので、まずはアイランドタワークリニックで無料カウンセリングを受けて薄毛の悩みを打ち明けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、自毛植毛を受けた後にかゆみがおさまらないのならば、ドラッグストアで購入した鎮痛剤を服用したり、保湿クリームを塗ったりというケアも方法の一つとなっております。

アトピー体質の人は特に肌の乾燥によって痒みが増すケースが多く、顔と同じように頭皮にも潤いを与えるのが大事なのです。

しかし、自分の判断で保湿クリームを患部に直接使用すると、移植毛の定着に悪影響が生じるかもしれません。

どんな化粧品を使えば良いのか素人では判断し兼ねるので、上記でご説明したように手術を受けたクリニックに相談してみるのが一番です。

かゆみで悩む患者さんのために、お薬だけではなくクリームなども事前に用意しているところもあるため、気軽に伺ってみてください。

 - 自毛植毛の副作用