薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛による痛み

      2015/12/15

外科的な手術と聞くと、「痛みで我慢できないのではないか?」「痛みで日常生活に支障が出るのではないか?」という不安を抱える方は多いはずです。

特に、女性よりも男性は痛みに弱いケースが多く、歯医者で行う虫歯治療でも怖いと感じてしまうかもしれません。

自分の髪の毛を移植する自毛植毛に関しては、手術前や手術中、そして術後によって痛みの程度は大きく異なります。

そこで、以下ではシチュエーション別でどのような痛みが引き起こされるのか説明しているので、自毛植毛をクリニックで受ける前に確認しておきましょう。

 

自毛植毛の術前

自毛植毛は外科的な手術の一つで、現在でもメスを使って頭皮を切り取ったり縫合したりするFUT法は実施されております。

そのため、術前に局所麻酔を打つケースがほとんどで、その際にチクっとした痛みを感じるかもしれません。

しかし、歯科医院で神経を除去する処置と同じようにチクチクするだけですし、耐え切れない痛みではないようです。

注射が怖い人は全身麻酔を打って欲しいと考えるかもしれませんが、自毛植毛はそこまで大袈裟な手術ではありませんし、過剰診療になるので局所麻酔が使われます。

 

自毛植毛の術中

処置を行う前に局所麻酔を打ち、薬が行き渡ってからドナーを採取したり株を植えつけたりという処置が行われるため、自毛植毛の術中は一切痛みを感じないはずです。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックでは、処置を受けている間に大きなモニターでお好きなDVDを見ることができます。

つまり、リラックスしたムードの中で手術を受けられるので、患者さんに加わる負担が少ないことがお分かり頂けるはずです。

しかし、毛根を後頭部から採取する際は切る音が聞こえますし、自分の頭皮の状態は見えなくても何となく想像できるので恐怖心は芽生えるかもしれません。

「音で痛みが伝わってくるから怖い」という人は、手術中に耳栓を装着するべきです。

 

自毛植毛の術後

自毛植毛の術後に麻酔の効力が切れると、ズキズキとした痛みを感じたり、後遺症として頭痛が引き起こされたりします。

個人の体質によって異なるので一概には説明できないものの、主にドナーを採取した後頭部付近の痛みで悩む患者さんが多いようです。

ジンジンと痛んで眠れないこともあるので、念のために医師から痛み止めが処方されます。

もちろん、意識を失うほどの痛みが生じることは自毛植毛ではあり得ませんし、痛み止めを数日間に渡って服用すれば問題なく日常生活を送れるはずです。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 - 自毛植毛の副作用