薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛によるフケ

      2015/12/15

肩にポロポロと落ちるフケは頭皮の大きな原因で、自毛植毛とは特に関係はありません。

実際に手術を受けた患者さんの口コミを見てみると、「クリニックで自毛植毛を受けてからフケが出るようになりました」という書き込みがありました。

しかし、自毛植毛の手術が原因でフケが出やすくなることはありませんし、自分の肌に合うシャンプーやトリートメントを使って洗髪して頭皮を綺麗な状態で保っていれば予防できます。

手術の結果に関わらず、乾燥肌の人は角質が剥がれ落ちて頭皮にフケが発生しやすいため、毎日の洗髪の仕方には特に注意が必要です。

とは言え、「頭皮を清潔にしなければ」と、1日に何回もシャンプーをするのはやめた方が良いでしょう。

フケや皮脂を除去して清潔な状態を保つのは薄毛の対策や予防としても欠かせませんが、必要以上に洗い過ぎると頭皮の健康に欠かせない皮脂まで落としてしまいます。

適度な皮脂があることで頭皮は潤っているため、シャンプーの回数を増やせば増やすほど乾燥が進み、余計にフケが発生しやすい状態に陥りやすいのです。

そのため、元々乾燥肌で悩んでいる人は特に、1日に1回の洗髪を心掛けなければなりません。

また、自毛植毛を受けた当日は患部を水やぬるま湯で濡らしてはならず、シャンプーを使った洗髪も2日後からと決められております。

アフターケアのサポートがバッチリなアイランドタワークリニックならば医師から丁寧に説明があるはずなので、定着率を上げるためにもきちんと守ってください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、細かい米ぬか状のフケがたくさん発生するフケ症の人は、自毛植毛手術を受ける前に皮膚科で適切な治療を行うべきです。

フケ症は立派な皮膚疾患の一つで、症状があまりにも悪化していると毛包を上手く採取することができません。

自毛植毛では健康的な毛包を医師が選び、頭頂部や生え際など薄毛が引き起こされている部位へと移植していく手術なので、フケの発生がその行為の阻害に繋がるのは想像できるはずです。

頭皮の状態が悪ければ術後の生着率の低下にも繋がるかもしれないので、フケ症を治療して良好な状態になってから自毛植毛を受けた方が良いでしょう。

乾燥性のフケが発生しているのか、脂性のフケが発生しているのかによって異なるものの、基本的には以下のような対策が適しております。

・自分の肌質に合うシャンプー剤を使用する
・石油系界面活性剤が含まれたシャンプー剤を避ける
・正しい洗髪のやり方を心得ておく
・ローションで頭皮に潤いを与えて保湿する

皮膚科を受診すればあなたの体質や症状に合わせて適切な対策を詳しく説明してくれるので、セルフケアで改善されない場合は医師の診察を受けてみてください。

 - 自毛植毛の副作用