薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛後のちぢれ

      2015/12/15

基本的に自毛植毛で移植した髪の毛は前の場所の髪質を受け継ぐという特徴があるため、直毛だったのに移植してからちぢれるということはないはずです。

髪の毛を採取した部分の性質を受け継ぐのはドナードミントの法則と呼ばれており、「直毛⇒直毛」「くせ毛⇒くせ毛」となります。

つまり、元々カール気味の髪質だった人が自毛植毛を受けた場合、頭頂部や生え際から生えてくる毛髪もカールするはずです。

しかし、稀に休止期を経て発毛した移植毛がカールしたり、くせ毛が更にちぢれたりという現象が引き起こされることが分かりました。

時折強いカールが見られることがあり、自毛植毛を実施している医療機関の中でも有名なヨコ美クリニックの今川院長のブログに書かれていたので間違いありません。

自毛植毛を受けた後に髪の毛がちぢれたりくせ毛になったりする原因としては以下が挙げられます。

・毛髪の表面のキューティクルが何かしらの原因で変形した
・移植する際に頭皮へとスリットを深く入れすぎた

完全には解明されていないものの、上記のような原因で直毛がちぢれることがあり、その発生率は1%以下だと言われております。

物凄く低い確率ですが、この数値を0%にすることはできず、自毛植毛で薄毛治療を行う後遺症の一つなのではないでしょうか。

また、自毛植毛後のちぢれ現象には以下のような特徴があります。

・通常の部位への移植ではなく傷跡に植え付ける際に生じやすい
・頭皮が薄い前頭部の生え際への移植で引き起こされやすい
・経験の少ない新しいチームが施術を担当すると引き起こされやすい

どうしてもちぢれを避けたいのならば、技術力が高い医師が在籍しており、スタッフや看護師などチームのスキルが高いクリニックで自毛植毛を受けるべきです。

経験豊富なチームならば今までにかなりの回数の自毛植毛手術をこなしているはずですし、不可抗力なちぢれ現象だけではなく、仕上がりが不自然という失敗も避けられます。

とは言え、仮に縮れた髪の毛が生えてきてしまったとしても、術後しばらく経過すればパーマをかけることができるので、縮毛矯正すれば問題はありません。

もちろん、少しでも技術力の高い医師による手術を受けるべきなので、自毛植毛専門のアイランドタワークリニックをおすすめします。

経験豊富な医師や看護師が在籍しており、患者さんのアフターケアにも焦点を当ててサポートしている医療機関なので、まずはアイランドタワークリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 - 自毛植毛の副作用