薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛による赤み・炎症

      2015/12/15

自毛植毛はプロペシアやミノキシジルといった投薬治療とは大きく異なり、外科的な手術を伴った薄毛治療となっております。

現在では頭皮の皮膚に負担が加わらない方法で髪の毛を移植できるようになりましたが、医療行為という点では変わりないため、手術部位に赤みや炎症、爛れといった症状が引き起こされることがあるのです。

特に、ドナーを採取する後頭部や側頭部といった部位に小さな傷が形成され、治るまでの間に赤みが生じます。

頭頂部や前頭部などの移植部位にも生じることがあり、メスを使ったFUT法による自毛植毛を実施しているクリニックでは患部が炎症を引き起こすケースが多く、針を刺してスリットを作って株を植え付けていくのが大きな原因です。

このように聞くと、「炎症は一生引かないのではないか?」「副作用なのではないか?」と考えるかもしれません。

しかし、どんなに技術力の高い医師が処置を施しても多少の赤みや炎症が生じるのは仕方がないのです。

それに、傷が生じると頭皮に関わらず血液を多く流して傷口を早く閉じようとする働きが私たちの身体には備わっているため、必然的にドナーを採取した部分や株を移植した部位は赤く変化します。

転んで擦りむいた時と一緒ですし、日常生活を送っているうちに自然と引くはずです。

どうしてもこの症状が怖いのならば、メスを使わない自毛植毛が実施されているアイランドタワークリニックをおすすめします。

頭皮を切ったり縫合したりすることはなく、赤みや炎症のリスクは最小限に抑えられているので、アイランドタワークリニックの無料カウンセリングで説明を受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、以前までの日本では自分の髪の毛を移植する自毛植毛ではなく、人工毛を頭皮へと植え付ける人工毛植毛が実施されておりました。

どちらかと言うと、「薄毛を治療するための手術=人工毛植毛」というイメージがあったはずです。

しかし、近年では自毛植毛を実施するクリニックが圧倒的に多くなり、人工毛植毛は行われなくなりました。

それは頭皮に異物を植え込む手術ということで、炎症や化膿といった肌トラブルのリスクが高かったからです。

現在人工毛植毛を行っているクリニックでは、拒絶反応が引き起こされないような素材を使っております。

それでも、危険な手術という点では変わりありませんし、炎症が引かずに既存の髪の毛にまで悪影響が加わる可能性も十分にあるのです。

日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでもDランクという最低の評価を得ている薄毛治療なので、人工毛植毛ではなく自毛植毛を選択しましょう。

 - 自毛植毛の副作用