薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛とプロペシア

      2015/12/15

自毛植毛を受けた後に、AGA治療薬として有名なプロペシアの服用が効果的だと言われております。

プロペシアの中には有効成分のフィナステリドが含まれており、男性ホルモンのDHTを抑えてAGAの進行をストップしてくれるのです。

テストステロンが酵素の5αリダクターゼと結合することによって産生されるのでDHT(ジヒドロテストステロン)で、以下のような働きがあります。

・髪の毛の成長期を短くして休止期を長くする
・ヘアサイクルを狂わせる
・毛母細胞の働きを阻害する

上記のような作用を持ち合わせているため、毛乳頭でDHTが作られると抜け毛が増えてAGAによる薄毛が進行していきます。

そこで内服薬のプロペシアを服用することにより、5αリダクターゼが阻害されて男性ホルモンがDHTに変化せずに済むのです。

アメリカ食品医薬局のFDAや厚生労働省からも認可されており、最もオーソドックスなAGA治療薬だと言えるのではないでしょうか。

自毛植毛を受ければ半永久的に生え続けてくれるため、薄毛を根本的に克服できる画期的な手術となっております。

しかし、元々生えている頭頂部や生え際は男性ホルモンの影響を受けやすく、年齢を重ねるにつれて薄毛が進行してしまうかもしれません。

例えば、自毛植毛で頭頂部の薄毛を改善できたとしても、10年後や20年後には前頭部が薄くなる可能性は十分にあります。

そのため、自毛植毛を受けた後でもAGAの予防のためにプロペシアの服用が効果的だと考えられており、移植した箇所と既存の毛髪との濃さの違いが生じにくく、より自然な状態でヘアスタイルをキープできるのです。

AGAの治療薬として認可されているのはプロペシアとミノキシジルの2種類だけですし、通販で販売されているような育毛剤や育毛サプリメントとは大きく異なります。

「絶対にプロペシアを飲まなければならない」というわけではありませんが、自毛植毛でもAGA自体を完治させられるわけではないので、理想の髪型を維持するために服用するのは選択肢の一つなのではないでしょうか。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでは、ロボットのARTAS(アルタス)を使った自毛植毛だけではなく、プロペシアの処方も同時に行っております。

しかも、初回限定で4,200円と非常に安く、2回目以降も6,500円と他のクリニックと比べて格安なのです。

自毛植毛のアフターケアとして投薬治療を希望する男性におすすめの医療機関なので、まずは湘南美容外科クリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - 自毛植毛を病院・クリニックで受けよう