薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛を韓国で受けよう

      2015/12/15

経済的な負担を抑えられるということで、韓国へと出向いて自毛植毛手術をクリニックで受ける方が増えております。

美容整形大国と言われている韓国では薄毛治療にも力を入れており、自毛植毛の技術も発展しているのです。

日本のクリニックと遜色ないクオリティですし、安い費用で受けられるということで海外へと行くのは選択肢の一つかもしれません。

クリニックによって異なるので一概には説明できないものの、自毛植毛にかかる費用の相場は以下のようになっております。

<FUT法による自毛植毛>
1,000本:約35万円
2,000本:約45万円
5,000本:約55万円

<FUE法による自毛植毛>
1,000本:約50万円
1,500本:約60万円
2,000本:約70万円

為替相場によって金額は異なりますが、日本で2,000本の自毛植毛を受けるとなると100万円近い費用がかかります。

渡航費や滞在費を合わせても韓国で自毛植毛を受けた方が安いですし、送迎費用や通訳費用が全て含まれたパッケージツアーを用意しているクリニックもあるのです。

そこで、実際にどのような自毛植毛クリニックが韓国で人気を得ているのかご紹介していきましょう。

<モジェリム(Mojelim)>
・韓国の中でもナンバーワンの実績を誇るクリニック
・自毛植毛だけで30,000件を超える症例を誇っている
・FUT法とFUE法の両方から選択して自毛植毛を受けられる
・毛髪移植初となるベストクリニックに認定された
・切らない自毛植毛の特別キャンペーンが実施されている

<Moten自毛植毛医院>
・男性と女性の両方に対して自毛植毛を行っている
・非切開(ダイレクト法)による自毛植毛が受けられる
・4000グラフトの移植とメガセッションに対応している
・モニターに登録すると更に安い費用で手術を受けられる

韓国の自毛植毛クリニックでは、上記のモジェリム(Mojelim)とMoten自毛植毛医院が有名です。

どちらも日本で手術を受けるよりも安い価格設定となっており、保険の適用されない薄毛治療だからこそ少しでも安い費用で受けたいと考えるのは不思議ではありません。

しかし、海外で自毛植毛を受けるに当たり、「術後のアフターケアが受けづらい」「為替レートの変動で料金が高くなる場合もある」「自分の要望通りのヘアスタイルにしてくれない恐れがある」というデメリットがあります。

金額面で見れば韓国の方が良いと感じるかもしれませんが、日本に帰ってきてから副作用や後遺症が引き起こされても、手術を受けたクリニックでサポートを受けるのは難しいのです。

自毛植毛は何よりも信頼できるクリニックに足を運ばなければならないので、できる限り海外ではなく日本のクリニックを選ぶようにしてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 - 自毛植毛を病院・クリニックで受けよう