薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛とHARG療法

   

自分の髪の毛の多い場所から少ない部位へと移植する自毛植毛ではなく、HARG療法を受けて薄毛を治療している男性はいらっしゃいます。

HARG療法とは「Hair Re-generative theraphy」の頭文字を取ったもので、再生医療によって髪の毛を再び生やすことが目的です。

幹細胞から抽出した成長因子を組み合わせて調合したHARGカクテルを頭皮へと直接注入することで、「頭皮を若い状態にする」「脱毛を抑制する」「発毛を促す」という効果が得られます。

髪の毛の本数自体を増やすことができますし、毛髪を移動させる自毛植毛とは大きく異なることがお分かり頂けるかもしれません。

自毛植毛では頭頂部や生え際などAGAによって薄くなった部分を濃くできますが、頭皮全体の毛髪量には変化がないのです。

その点、専門のクリニックで実施されているHARG療法では、毛髪を作る細胞を活性化させて発毛を促す方法ということで、髪の毛が薄かった部分に新たに自毛を生やすことができます。

頭皮へのカクテルの注入は複数回に渡って行わなければならないものの、3ヶ月から6ヶ月と比較的短い期間で変化を得られるのが大きなメリットなのではないでしょうか。

そこで、HARG療法による薄毛治療についてもっと詳しく知るために、どのような特徴があるのかまとめてみました。

・頭皮に成長因子を注入するだけなので傷跡のリスクがない
・より自然な過程で自分の髪の毛を取り戻すことができる
・3ヶ月から6ヶ月程度で自然と生えてくるので薄毛治療をしたことが周りにバレない
・現在ではノンニードル法によって痛みなく施術を受けられるようになった
・症例数国内ナンバーワンのHARG治療センターでは発毛実感率が99%を超えている
・AGAで悩む男性だけではなくびまん性脱毛症や円形脱毛症にも効き目がある
・6回から8回がワンクールでその後は定期的な通院は必要ない
・副作用やアレルギー反応のリスクがないので安全性が非常に高い

上記のように、HARG療法がいかに画期的な薄毛治療なのかお分かり頂けるはずです。

内服薬で外用薬では頭皮だけに成分が行き渡らないため、個人の体質によっては脱毛予防効果や発毛効果を得られないかもしれません。

その点、HARG療法では専用の機械を使って頭皮へと直接注入していくため、ほぼ確実な効果が得られるというメリットがあります。

自毛植毛と同じように保険が適用されない施術なので、高額な治療費を支払わなければならないのがデメリットの一つです。

それでも、自毛植毛はあくまでも薄毛治療の最終手段なので、まずはHARG療法で自然に発毛を目指してみるのが良いのではないでしょうか。

どちらにもメリットとデメリットがあるので、医師に相談してみるのがベストです。

当サイトでは、HARG療法に焦点を当てたクリニックのHARG治療センターをご紹介しているので、薄毛で悩んでいる方は一度足を運んでみてください。
 

>>> HARG治療センターの無料カウンセリング

 

 - 自毛植毛を病院・クリニックで受けよう