薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛を江崎クリニックで受けよう

      2015/12/15

一昔前から自毛植毛を実施していた医療機関の一つが江崎クリニックで、以前に手術を受けた患者さんはいらっしゃるかもしれません。

江崎クリニックでは皮弁(フラップ法)による自毛植毛が実施されており、人工毛植毛とは違って拒絶反応が引き起こされないことで注目を集めました。

1980年代にはこのフラップ法による自毛植毛が主流で、江崎クリニック以外にも実施していた医療機関は多かったはずです。

しかし、短時間で手術を終わらせることができるというメリットがある代わりに、様々な問題点がこの方法には潜んでおります。

・頭皮を切り取る手術なので採取部分に傷跡が形成されやすい
・髪の毛をまとめて皮膚ごと移植するので血流の確保が難しい
・移植毛に血流が流れないと全てが抜け落ちる可能性が高い
・髪の毛が生える向きを調整できないので不自然な髪型になりやすい
・マイクロスポットによりピットスカーが形成される危険性が高い
・術式の難易度が高いので術者が限られている

江崎クリニックの院長は高い技術力を持っていたものの、フラップ法による自毛植毛自体に欠点があったので、現在では行われなくなりました。

それに、江崎クリニックもなくなっている可能性が高く、専用のホームページは用意されていなかったのです。

以前は「http://www.ezakiclinic.net/」のページにアクセスできたものの、現在では繋がらないので閉院したのかもしれません。

仮に、江崎クリニックが存在していたとしても、フラップ法による自毛植毛を受けるメリットは皆無なので、費用が安くても避けるべきです。

「江崎クリニックで自毛植毛を受けるべきではない」「インフォームド・コンセントを軽視しているような気がする」「不毛な医療行為が行われている」という評判も以前に見られたので、別のクリニックの方が圧倒的に適しております。

当サイトでは、頭皮にメスを入れないダイレクト法による自毛植毛を取り入れたアイランドタワークリニックをご紹介しており、日本でこの薄毛治療を受けた10人に7人が利用しているのです。

国内でのシェア率が高く、信頼と実績を得ている数少ない医療機関なので、薄毛の悩みはアイランドタワークリニックに相談してみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 - 自毛植毛を病院・クリニックで受けよう